ページの先頭へ

茨城県

写真 名称 ふりがな 区市町村 付帯情報 形式 諸元 建造年 文化財 出典 保存状態 価値判断に係る事項 保存
評価
価値
評価
写真 備前堀用水 びぜん 水戸市 千波湖
→那珂川右岸を灌漑
用水路 全長約12㎞ 慶長15(1610) 疏水百選 市教委/WEB 大規模な修復 初代水戸藩主・徳川頼房が、関東郡代・伊奈備前守忠次に命じて、千波湖の氾濫対策と農業用水を導くことを目的として開削させた灌漑用水路/備前守忠次の名前をとって「備前堀」と呼称 3
  小場江 おば 水戸市・常陸大宮市・那珂市・ひたちなか市 那珂川 用水路 長27.4㎞ 明暦2(1656)   常陸大宮市教育委員会(水戸藩利水史料集p74-80) 護岸C改修 永田勘衛門が開設したとの説もあるが確証はない/3用水の中で最も長い(灌漑効率が最も良い場所から造っていったため) 4
  木葉下金山の坑道・跡 あぼっけ 水戸市   坑道 30-40ヶ所 室町末期   市教委/WEB 小規模な坑道が点在 佐竹氏により開かれたが金鉱で、後年、豊臣秀吉に上納する金のため、多くの坑道が掘られた 2
  南崖の洞窟 なんがい 水戸市 偕楽園 採石場(神崎岩) 長約150m 17世紀後半~   WEB 中に入れない 第2代~第9代藩主の斉昭時代にかけて「神崎岩」を採掘した跡/神崎岩は、笠原水道の岩樋にも使われた 3
写真 曝井 さらし 水戸市   湧水   7~8世紀   現地解説板 良好に管理 『万葉集』(7世紀後半~8世紀後半)、『常陸国風土記』(713年編纂)に登場する由緒ある湧水 2
写真 笠原水道の岩樋暗渠 かさはら 水戸市 笠原湧水地→藤柄町 岩樋暗渠水道 全長約7㎞ 寛文2(1662) 県史跡 市教委 ごく一部が露出しているだけで、何も視認できない 光圀の命により、永田勘衛門(円水)が施工(山寺水道と同じ)/光圀公の仁政の証として重要な施設(武士の居住区より、町民の居住区に優先して飲料水を引いた)/送水だけでなく、地下水のろ過集水も兼ねていた可能性がある 3
写真 笠原水道の石樋管 かさはら 水戸市   石管(凝灰質砂岩)   寛文2(1662)   市教委 建物内に収納 ろ過しながら石樋にも水を浸透させたかのように推測できるユニークな構造 4
写真 石岡一里塚 いしおか 石岡市 <水戸街道> 一里塚(2基)   江戸期 県史跡 市教委 榎が平成14に倒壊→伐採/塚が道路に合わせて大きく改変/今では補植した桜が育ち名所に 幹線道路の両側に2基残る 2
  井関の地蔵道標 いせき 石岡市 井関八木縄掛地蔵 石道標
(丸彫、安山岩)
高209㎝,幅39㎝,厚25㎝ 享保16(1731)   市教委 移設/祠内 (台石正面右)「右 如来道」、(同左)「左 宍倉道」/台石上に地蔵立像
(錫杖、蓮台)の丸彫を載せる/台石正面に「奉造立村中為二世安楽」と陰刻
2
  総社の道標 そうしゃ 石岡市 石岡小学校 石道標(花崗岩) 高112㎝,幅30㎝,厚30㎝ 元文2(1737)   市教委 移設 (正面)「右、かさま/阿たこ、道」、(左面)「左 祢あたり」 2
  若松の道標 わかまつ 石岡市 (1丁目) 石道標(尖頭角柱、花崗岩) 高114㎝,幅30㎝,厚30㎝ 元文2(1737)   市教委 近接移設? (正面)「左、かき於可/まゐへ、みち」、(右面)「右、うつの宮/かわらい、道」 1
  石川の庚申塔道標 いしかわ 石岡市 (仲丸) 石道標(自然石、雲母片岩) 高72㎝,幅67㎝,厚12㎝ 天明8(1788)   市教委 原位置? (正面右下隅)「右 かなが 土浦/左 いしおか ふかや」/正面中央に「青面金剛塔」と陰刻 1 -
  三村の廻国塔道標 みむら 石岡市 (長見寿) 石道標(自然石、雲母片岩) 高133㎝,幅71㎝,厚15㎝ 寛政9(1797)   市教委 原位置 (正面右下隅)「右 …」、(同左下隅)「左 津ちうら道」/正面中央に「(梵字3)月山/湯殿山/羽黒山、四國西國/秩父坂東、子孫長久」と陰刻 1
  上曽の道標
(あしを道の道標)
うわそ 石岡市 <芦穂道> 石道標 高157㎝,41㎝角 享和4(1804) 市史跡 市教委 原位置 (正面)「西 まかべ道」、(右面)「あしを道」 1
  井関の題目塔道標 いせき 石岡市 <芦穂道> 石道標
(駒型、安山岩)
高60㎝,幅24㎝,厚15㎝ 享和4(1804)   市教委 原位置 (正面右下)「右 石川 ふちう」、(同左下)「左 土浦 つくば」/正面中央に「二十三夜塔」と陰刻、頂部に“日月”の陽刻 1 -
  大谷津の供養塔道標 おおやつ 石岡市 大谷津地蔵堂 石道標(自然石、雲母片岩) 高149㎝,幅75㎝,厚15㎝ 嘉永2(1849)   市教委 移設 (正面右端)「右 大はし村エ/左 □□□ミち」/正面中央に「(梵字)二十三夜供養塔」と陰刻 2
  根当の庚申塔道標 ねあたり 石岡市   石道標(自然石、雲母片岩) 高175㎝,幅70㎝,厚16㎝ 嘉永3(1850)   市教委 移設? (正面左下隅)「右 あたこ山道/左 まいへミち」/正面中央に大きく「庚申供養塔」と陰刻 2
  三村の馬頭観音道標 みむら 石岡市 (大原) 石道標(安山岩) 高102㎝,幅38㎝,厚22㎝ 安政7(1860)   市教委 原位置 (正面右下隅)「稲吉道」、(同左下隅)「つくば道」、(右面)「此方/是より少も□□□/右 志らとり/左 すげのや つちうら道」、(左面)「此方、みむら/たかはま、小川道」、(裏面)「此方、志しくら/あんじき/かしま、道」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 1
写真 地蔵河岸の常夜灯 じぞう 潮来市 <鰐川> 石常夜灯
(河川舟運)
高約3m 文政元(1829) 市史跡 市教委/WEB C台石→移設/現在は涸川 水郷地帯の中心として栄えた潮来の繁栄を物語る舟運遺産/鰐川が、水難事故多発地帯であったため、信仰の対象のみでなく夜間航行上重要な役割を果たしていた 3
  大生の思井戸 おおう、おも 潮来市 大生神社 湧水(石組み) 面積約75㎡ 江戸以前 市史跡 市教委/WEB 昔ほどの水量はないが、当時の石組みが残る 山裾から湧き出る水を石組で堰止めて、大生神社の御手洗池として神社の祭礼などに使用された 2
写真 伊勢宇橋 いせう 稲敷市 瑞祥院・ひょうたん池 石桁橋 長2.98m(G) 天保14(1834)   市立歴史民俗資料館 小規模な修復(橋面コンクリート舗装) 伊勢屋宇兵衛(油問屋)が、父・権六の願いに応えて、 江戸崎地区の低湿地での歩行難を改善するため、瑞祥院前に石橋を架けた→それだけに止まらず、父の恩に報いるためとして、菩提寺瑞祥院を起点に江戸の日本橋に至るまでの街道の各所(百余ヶ所と伝える)に石橋を架け、往来する人々の便宜を図ったとされる/伊勢宇橋はその第1号で、かつ、現存唯一の橋 3
  石橋竣工記念碑   稲敷市 瑞祥院 石碑(自然石)   天保14(1834)   市教委 小規模な修復(橋面コンクリート舗装) (正面頂部)「新架/石矼/之碑」、(正面)「孝子到哀戚於其親也 創雖鉅矣 痛雖甚矣…」 3
  高田の地蔵道標 たかだ 稲敷市 (須賀)三叉路 石道標(丸彫) 高71㎝,幅45㎝ 元文2(1737)   江戸崎の石仏・石塔1
p122
原位置? (台石右面中央)「右ハ さはらみち」/台石上に地蔵坐像(蓮台)の丸彫を載せる 1
  松山の地蔵道標 まつやま 稲敷市 共同墓地 石道標(蒲鉾型) 高84㎝,幅30㎝ 元文4(1739)   江戸崎の石仏・石塔1
p143
移設 (台石正面右)「右ハ 江戸さき道」、(同左)「左ハ 札所道」/台石上に蒲鉾型の光背付き地蔵坐像(錫杖)を載せる、台石中央に「百三十五番札所」と陰刻 3
  江戸崎の如意輪観音像道標 えどさき 稲敷市 (新山台) 石道標(舟型) 高69㎝,幅29㎝ 明和9(1772)   江戸崎の石仏・石塔1
p90
移設?/上部で水平に折損→修復/頂部欠損し舟型と判別しにくい (右面)「左 □□ 安中/右 木原 古渡」、(左面右)「左 土浦 筑波」/正面に如意輪観音の半跏坐像を陽刻 3
  佐倉の如意輪観音像道標 さくら 稲敷市 (井戸之内) 石道標(駒型) 高57㎝,幅26㎝ 安永4(1775)   江戸崎の石仏・石塔1
p90
移設? (正面像下中央)「きはら つちうら」、(右面)「右 あば かしま道」、(左面)「此方 さく道」/正面に上半分に如意輪観音の半跏坐像(蓮台)の浮彫 2 -
  椎塚の供養塔道標1 しいづか 稲敷市 (古屋)共同墓地 石道標(隅丸型) 高80㎝,幅28㎝ 天明2(1782)   江戸崎の石仏・石塔2
p83
移設、集約 (右面右下)「右ハ さくらみち」、(左面右下)「左ハ おのみち」/正面に「奉納大乗妙典六十六部日本廻國供養塔」と陰刻 3
  佐倉の廻国塔道標 さくら 稲敷市 (千本桜) 石道標(尖頭角柱) 高78㎝,幅26㎝ 天明4(1784)   江戸崎の石仏・石塔2
p84
移設? (台石正面)「木はら/つちうら」、(台石右面)「ゑとさき/なめ川」、(台石左面)「あば/さはら」/正面に「奉納大乗妙典日本廻國」と陰刻 2
  松山の道祖神道標 まつやま 稲敷市 鹿島神社近く 石道標(笠付き) 高52㎝,幅24㎝ 寛政10(1798)   江戸崎の石仏・石塔1
p210
原位置? (正面右)「北 江戸さき/東 小はが、道」、(同左)「南 □□□/西 つちうら、道」/笠石正面に「道/祖/神」と陰刻、正面を石祠風に長方形に削り込む 1 -
  村田の如意輪観音像道標 むらた 稲敷市 鹿島神社 石道標(隅丸型) 高53㎝,幅27㎝ 寛政13(1801)   江戸崎の石仏・石塔1
p92
移設/左面風化剥落 (正面右上)「江戸崎道」、(右面左下)「土浦道」、(左面)「竜ケ崎道」/正面に如意輪観音の半跏坐像を陽刻 2
  沼田の如意輪観音像道標 ぬまた 稲敷市 大竹荘・入口 石道標(駒型) 高60㎝,幅24㎝ 文化7(1810)   江戸崎の石仏・石塔1
p93
移設 (右面)「りうがさきみち」、(左面)「いさつはし道」/正面に如意輪観音の半跏坐像を陽刻 2
  下君山の如意輪観音像道標1 しもきみやま 稲敷市 (寺地内) 石道標(隅丸型) 高55㎝,幅28㎝ 文政3(1820)   江戸崎の石仏・石塔1
p71
原位置? (右面)「南ハ 竜ケ崎 土浦道」、(左面右)「北ハ 江戸崎 小の道」/正面に如意輪観音の半跏坐像を陽刻 1
  下君山の如意輪観音像道標2 しもきみやま 稲敷市 (木曽内) 石道標 高61㎝,幅25㎝ 文政4(1821)   江戸崎の石仏・石塔1
p103
移設? (正面像下右)「かは/なりた」、(右面)「東、江戸さき/阿波、道」、(左面)「西、つちうら/つくは、ミち」/正面上半分に如意輪観音の半跏坐像の浮彫 2
  桑山の地蔵道標 くわやま 稲敷市 (浦向) 石道標 高94㎝,幅24㎝ 文政10(1827)   江戸崎の石仏・石塔1
p140
移設? (右面)「西、竜崎/布川、道」、(左面)「東、阿バ/かしま」/正面頂部を光背型に削り込み小さな地蔵坐像を陽刻、その下に「三界萬霊」と陰刻 2
  椎塚の題目塔道標 しいづか 稲敷市 (白旗) 石道標(尖頭角柱) 高70㎝,幅27㎝ 文政13(1830)   江戸崎の石仏・石塔2
p204
原位置? (正面下部)「なりた/なめ川」、(右面)「此方、あば/かしま」、(左面)「此方、えとさき/つちうら」/正面上部に「先祖代々」と陰刻 1 -
  佐倉の地蔵道標 さくら 稲敷市 (井戸之内) 石道標(蒲鉾型) 高60㎝,幅27㎝ 天保2(1831)   江戸崎の石仏・石塔1
p130
原位置? (正面像上)「右 あば かしま/西 きはら 土浦/左 さくみち」/正面やや下部に地蔵の半跏坐像(錫杖)を浮彫 1
  沼田の題目塔道標 ぬまた 稲敷市 (下宿)Y字路 石道標(駒型) 高200㎝,幅38㎝ 天保5(1834)  

江戸崎の石仏・石塔1
p182

原位置? (右面)「すたち かつら/井のおか 志また、道」、(左面)「竜かさき/布かわ 江戸、道」/正面に大きく「二十六夜塔」と陰刻 1
  椎塚の供養塔道標2 しいづか 稲敷市 徳昌寺 石道標(隅丸型) 高115㎝,幅36㎝ 弘化2(1845)   江戸崎の石仏・石塔2
p68
移設 (正面最下部)「幸田わたし/加うさき/さはら」、(右面最下部)「阿ば/ふつと」、(左面)「此方、をの 里うがさき/なめ川 ふ川/なりた」、(裏面)「此方、ゑとさき/きはら/つちうら」/正面に「奉拝禮、坂東/西國/秩父、百箇所供養塔」と陰刻 2
  時崎の道祖神道標 ときざき 稲敷市 (小羽賀) 石道標(笠付き) 高65㎝,幅28㎝ 弘化3(1846)   江戸崎の石仏・石塔1
p217
移設? (正面左)「北 江戸さきみち」、(左面)「南 りうがさき」/正面右に「道祖神」と陰刻、正面を石祠風に長方形に削り込む 2 -
  蒲ケ山の供養塔道標 かばがやま 稲敷市 栗山牧場前 石道標(駒型) 高81㎝,幅26㎝ 弘化4(1847)   江戸崎の石仏・石塔2
p69
移設? (右面)「右、すたち/きはら、安中」、(左面)「左、わかくり/つちうら、つくば」/正面に「奉納、月山/湯殿山/羽黒山、坂東/西國/秩父、供養塔」と陰刻 2
  佐倉の題目塔道標 さくら 稲敷市 (原) 石道標 高64㎝,幅25㎝ 嘉永元(1848)   江戸崎の石仏・石塔1
p95
移設? (右面)「古渡 鳩道」、(左面右)「佐倉 木原道」/正面に「十九夜」と陰刻 2 -
  駒塚の供養塔道標 こまつか 稲敷市 (並木) 石道標(駒型) 高104㎝,幅36㎝ 安政2(1855)   江戸崎の石仏・石塔2
p70
原位置? (正面右下)「小の □□さき」、(同左下)「右 坂下りて、江とさき/つちうら」、(右面)「右 なめ川、なりた/さくら」、(左面)「左 あば、かしま/てうし」/正面中央に「奉順拝、坂東/西國/秩父、百箇所供養塔」と陰刻 1
  羽賀の如意輪観音像道標 はが 稲敷市 ゴルフ場前 石道標 高70㎝,幅23㎝ 安政6(1859)   江戸崎の石仏・石塔1
p96
移設? (右面)「此方 ときさき 江戸さき道」、(左面)「此方は飯縄権現 鬼子母神道」、(裏面)「いたはし 竜河さき道」/正面頂部を駒型に削り込み、小さな如意輪観音の半跏坐像を陽刻 2 -
  中根一里塚 なかね 牛久市・土浦市 <水戸街道> 一里塚(1基) 東塚:径10m,高約3m 江戸期 市史跡 市教委/WEB かなり変形 国道を挟んで東側の1基は牛久市に、西側の1基は土浦市に属している/同じ一里塚だが、行政により名称が異なる 3
  成井一里塚 なるい 牛久市 <水戸街道> 一里塚(2基)   慶長末~寛永 市史跡 市教委/WEB 片塚の方が崩れている 水戸街道の田宮(牛久市)と紅葉内(龍ヶ崎市)の中間点にあたる 4
  さくら台の題目塔道標1
(女化道の道標)
さくらだい 牛久市 (1丁目)
<女化道・若柴への間道>
石道標(火成岩) 高105㎝,幅40㎝,厚27㎝ 宝暦14(1764) 市史跡 牛久市史料(石造物)p431,432/WEB 原位置? (正面右下)「左 里うがさき」、(同左下)「右 わかしば」、(裏面)「西ハ たみや/すくハ 水戸道/犬いハ 志しこ、道」(=乾→北西)/正面中央に
「南無阿弥陀佛」と陰刻
1
  さくら台の題目塔道標2 さくらだい 牛久市 (4丁目) 石道標 高86㎝,幅40㎝,
厚24㎝
宝暦14(1764)   牛久市史料(石造物)p431,432 原位置? (正面頂部)「辰巳」(正面中央右)「右ハ 於かみより つちうら」(=岡見)、(同左)「左ハ かしわだより つくば」、(正面最下部)「ミち」、(裏面)「犬い、右ハ わかしハ/左ハ (なりむま(?)/同 里うがさき)、ミち」/正面中央に「南無阿弥陀佛」と陰刻 1
  小坂町の廻国塔道標 おさか 牛久市 小坂共同墓地 石道標(隅丸型) 高83㎝,幅27.5㎝,厚15㎝ 天明4(1784)   牛久市史料(石造物)p459,479 移設、集約 (右面)「右ハ いのをか 江戸崎道」、(左面)「左ハ くの 安中道」/正面に「(梵字)奉納大乘妙典六十六部日本回國」と陰刻 3
  奥原町の題目塔道標1 おくばら 牛久市   石道標 高79㎝,幅30㎝,
厚16㎝
寛政5(1793)   牛久市史料(石造物)p655,673 移設 (右面)「若栗 つちうら」、(左面)「いのおか 竜ケ崎/布川 江戸、道」/正面に「奉待十九夜講中」と陰刻 2
  正直町の廻国塔道標 しょうじき 牛久市   石道標(隅丸型) 高85㎝,幅30㎝,
厚18㎝
寛政11(1799)   牛久市史料(石造物)p600,614 移設? (正面右下)「右ハ 志また おの」、(同左下)「左ハ いのおか 奥原」/正面に「坂東/西國/秩父、諸願成就」と陰刻 2
  島田町の庚申塔道標 しまだ 牛久市   石道標(尖頭角柱) 高77.5㎝,幅27.5㎝,厚17.5㎝ 寛政12(1800)   牛久市史料(石造物)p618,645 移設? (裏面)「東 江戸崎 安陂/西 榧沢 矢田辺/南 龍ケ崎 布川/北 久野 土浦」/正面に「青面金剛尊」と陰刻、頂部に“日月”の陽刻 2 -
  上柏田の道祖神道標 かみかしわだ 牛久市 日枝神社 石道標(笠付き) 高64.5㎝,幅24㎝,厚13㎝ 文化3(1806)   牛久市史料(石造物)p319,321 移設 (右面)「牛久/いた」/祠型(笠は唐破風、正面を長方形に深く削り込み「道祖神」と陰刻 2 -
  島田町の地蔵道標 しまだ 牛久市   石道標(隅丸型) 高97㎝,幅35㎝,
厚20㎝
文化14(1817)   牛久市史料(石造物)p618,645 原位置? (正面右下端)「右 志またみち」、(同左端)「左 いのを可 江戸さ起」/正面頂部を円形に削り込み小さな地蔵坐像(蓮台)を陽刻、像下に墓碑名 1
  奥原町の題目塔道標2 おくばら 牛久市   石道標(駒型) 高90㎝(基部含む),幅31㎝,厚19㎝ 天保2(1831)   牛久市史料(石造物)p655,672 移設/基部露出→壁に立てかけられている (正面左端)「南、/いたはし」、(右面)「まつやま/江戸さき」、(左面)「すだち/きはら」/正面中央に墓碑名 3 -
  柏田町の馬頭観音道標 かしわだ 牛久市   石道標(尖頭角柱) 高57.5㎝,幅24.5㎝,厚14㎝ 天保4(1833)   牛久市史料(石造物)p353,376 原位置? (右面)「右 うしく」、(左面)「左 うしく」/正面に「馬頭觀世音」と陰刻 1 -
  小坂町の如意輪観音像道標 おさか 牛久市   石道標(尖頭角柱) 高100㎝,幅24㎝,厚16㎝ 天保13(1842)   牛久市史料(石造物)p459,483 原位置?/頂部欠損 (正面下部)「いの於加/ゑとさき/阿ば」(=井ノ岡)、(右面)「此方、くの かつら/きくら」、(裏面)「此方、おかみ/ひのさハ/やたべ」/正面頂部を光背型に削り込み如意輪観音の小さな半跏坐像を陽刻 2
  久野町の道祖神道標 くの 牛久市 観音寺 石道標(駒型) 高67㎝,幅32㎝,
厚21.5㎝
嘉永4(1851)   牛久市史料(石造物)p491,509 移設 (正面右下)「くの/吉わら/土うら」、(右面)「西、おさか わかしば/おかミ ひの沢」、(左面)「東、いのおか 江戸崎 阿ば/しまだ ねもと 成田」、(裏面)「南、正ぢき いづミ/龍ケ崎 布川」/正面中央に「北 奉納道祖神」と陰刻 2 -
  中央の題目塔道標 ちゅうおう 牛久市 (3丁目) 石道標(尖頭角柱) 高85㎝,幅27㎝,
厚18㎝
安政5(1858)   牛久市史料(石造物)p134,136 移設 (正面右)「東 春多ち 安ば」(=月出里,阿波)、(同左)「東 い乃於可 江戸さき」(=井ノ岡,江戸崎)、(右面)「北 大王多 可つら」(=大和田, 桂)、(左面)「南、志ま多/正じき、竜ケさき」(=島田,正直)、(裏面左)「西 小坂 岡見 うしく」/正面中央に「奉待十九夜觀世音菩薩」と陰刻 2
  栄町の庚申塔道標 さかえ 牛久市 (2丁目) 石道標(駒型) 高67㎝,幅26.5㎝,厚17㎝ 安政7(1860)   牛久市史料(石造物)p347,349 原位置? (正面左端)「東ハ 町田坪」、(右面)「西 田久"う いた者"し/北 下根 土うら」(=田宮)、(左面右)「南 有し久 龍ヶさき」(=牛久)/正面に「庚申塔」と陰刻 1 -
  柏田町の供養塔道標 かしわだ 牛久市   石道標 高285㎝,幅42㎝,厚24㎝ 万延2(1861)   牛久市史料(石造物)p353,375,737 原位置? (台石正面)「向、りゅうがさき/あじき/なりた/さくら」、(台石右面)「右、おおはた/つちうら/ふちゅう/かさま」、(台石左面)「左、たかざき/やたべ/みつかいどう/せきやど」/正面に「(梵字)、月山/湯殿山/羽黒山、秩父/西國/坂東、供養塔」と陰刻 1
  城中町の馬頭観音道標 じょうちゅう 牛久市 得月院 石道標(駒型) 高178㎝,幅41㎝,厚24㎝ 慶応元(1865)   牛久市史料(石造物)p213,222 移設 (右面上部)「従是、南 (ふぢし路/王かしば)/北 つちうら みと、道」(=藤代,若柴)、(左面)「従□、西/東 (於かみ/あば) 道」(=岡見)/正面に大きく「馬頭觀世音」と陰刻 2
写真 羽鳥の古代官道・跡 はとり 小美玉市 <長兎道> 道路 長147.5m 古代   美野里町の五万堀古道「常陸国風土記」/WEB(鎌倉街道上道) 藪の中に深い掘割状遺構が残る/トレンチ調査が行われていないので確証はない/樹林化し識別困難 『常陸國風土記』(721年)、『延喜式』(927年)などから考えられる常陸の国の駅路の1つと思われる/下記、笠間市の「五万堀古道遺構1」の延長線上に位置する 3
写真 中台一里塚 なかだい 小美玉市 <水戸街道> 一里塚(1基)   慶長年間   市教委 東塚が残る(低平下)/設置環境良くない/オリジナルの榎とされている 水戸街道の古いルート 4
  花野井の愛宕常夜灯 はなのい 小美玉市   石常夜灯(道標兼) 高1.91m 寛政10(1788)   市教委(美野里の石仏石塔・上p27) 原位置? (竿正面)「奉上愛宕山大權現常夜燈」、(竿正面右端)「右 はりほし路」、(同左)「左 いつみみち」/竿は角柱で頂部に一体化した火袋 1
  下玉里の供養塔道標 しもたまり 小美玉市 (湖月庵) 石道標(自然石) 高97㎝,幅39㎝,厚7㎝ 享保元(1716)   市教委(玉里村の石仏たちp256) 原位置? (正面下部右)「右 かしま」、(同左)「左 つくハ」/正面に「(梵字)奉納日本順禮供養塔」と陰刻 1
  高崎の地蔵道標 たかさき 小美玉市 (新田) 石道標(舟型) 高86㎝,幅46㎝,厚23㎝ 享保元(1716)   市教委(玉里村の石仏たちp61) 移設/光背右上欠損 (光背右)「右 かしま道」、(同左)「左、志かむら/竹原、道」/光背中央に地蔵立像(錫杖)を陽刻 3
  羽刈の題目塔道標 はかり 小美玉市 羽刈共同墓地・前 石道標(蒲鉾型) 高60㎝,幅30㎝ 明和4(1767)   市教委(美野里の石仏石塔・上p50) 移設、集約 (正面右下)「右 □□」、(同左下)「左 たかくら」/正面中央に「二十三夜待」と陰刻 2 -
  上玉里の馬頭観音道標 かみたまり 小美玉市 (出口) 石道標(駒型) 高78㎝,幅31㎝,厚17㎝ 寛政9(1797)   市教委(玉里村の石仏たちp27) 原位置? (正面下部右)「右 ふちう」、(同左)「左 たかはま」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 1
  西郷地の供養塔道標 さいごうち 小美玉市 石船神社 石道標(自然石) 高120㎝,幅70㎝ 寛政10(1798)   市教委(美野里の石仏石塔・上p83) 移設 (正面下部右)「右、かしま/いたこ」、(同左)「左、いそはま/西江地」/正面中央に「二十三夜供養塔」と陰刻 2
  下玉里の題目塔道標1 しもたまり 小美玉市 (橋下里) 石道標(駒型) 高82㎝,幅36㎝,厚35㎝ 文化6(1809)   市教委(玉里村の石仏たちp138) 原位置?/頂部剥離 (正面下部右)「右 おか」、(同中央)「中 かわな)、(同左)「左、たかは/ふち」/正面中央に「十三夜塔」と陰刻 2
  下玉里の題目塔道標2 しもたまり 小美玉市 (高井谷津) 石道標(蒲鉾型) 高72㎝,幅28㎝,厚17㎝ 文化13(1816)   市教委(玉里村の石仏たちp138) 原位置? (正面右下)「 竹原 ふちう」、(同左下)「左 高はま うら」/正面中央に「二十三夜塔」と陰刻 1 -
  上玉里の題目塔道標 かみたまり 小美玉市 (中台池向) 石道標(尖頭角柱) 高82㎝,幅38㎝,厚24㎝ 文政7(1824)   市教委(玉里村の石仏たちp54) 移設、集約(民間工場内) (右面)「右 ふちう/たかはま」、(左面)「右 たまり/左 小川」/正面中央に「子安大明神」と陰刻 3
  中台の供養塔道標 なかだい 小美玉市   石道標(尖頭角柱) 高67㎝,幅26㎝,厚16㎝ 文政10(1827)   市教委(美野里の石仏石塔・上p28) 原位置? (正面右下)「右 たかくら」、(同左下)「左 へむろ 完戸」/正面中央に「羽黒山/湯殿山/月山、西國坂東秩父百番供養塔」と陰刻 1 -
  部室の供養塔道標 へむろ 小美玉市   石道標   文政11(1828)   市教委(美野里の石仏石塔・上p64) 移設 (正面右下)「右 なるい」、(同左下)「左 竹原」/正面中央に「巳待供養塔」と陰刻 3 -
  納場の供養塔道標 のうば 小美玉市   石道標 高60㎝,幅22㎝ 天保年間(1830-44)   市教委(美野里の石仏石塔・上p63) 移設、集約 (正面右下)「右 あたごみち」、(同左下)「左 なるいみち」/正面中央に
「奉納西國秩父阪東供養」と陰刻/「天」なので天明の可能性も
2 -
  下玉里の馬頭観音道標1 しもたまり 小美玉市 (橋下里) 石道標(駒型) 高80㎝,幅25㎝,厚16㎝ 天保8(1837)   市教委(玉里村の石仏たちp33) 原位置? (正面下部右)「右、小川/坂上り たかさき」、(同中央)「向 川なご」、(同左)「左 をいと」(=大井戸)/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 1
  下玉里の馬頭観音道標2 しもたまり 小美玉市 (カツラギ) 石道標 高170㎝,幅72㎝,厚12㎝ 天保11(1840)   市教委(玉里村の石仏たちp238) 原位置? (正面下部右)「下、小川 高嵜/川中子 火之橋」、(同左)「上、高浜/府中」/正面上部に「(梵字)馬頭觀世音」と陰刻 1
  張星の供養塔道標 はりほし 小美玉市   石道標 高50㎝,幅25㎝ 天保15(1844)   市教委(美野里の石仏石塔・上p47) 移設 (正面右下)「右、小川/かしま」、(同左下)「左、かたくら/水戸」/正面中央に「二十三夜供養塔」と陰刻 2 -
  羽鳥の題目塔道標 はとり 小美玉市 (高場) 石道標(自然石) 高155㎝,幅76㎝,厚25㎝ 嘉永元(1848)   市教委(美野里の石仏石塔・上p39) 移設 (正面右下)「右 たけはら」、(同左下)「左 こうふち」/正面中央に「二十三夜塔」と陰刻 2
  羽鳥の供養塔道標 はとり 小美玉市   石道標(自然石) 高100㎝,幅90㎝ 万延元(1860)   市教委(美野里の石仏石塔・上p36) 移設 (正面下部右)「右 はかり」、(同左)「左 みと」/正面中央に「二十三夜供養塔」と陰刻 2
  高崎の題目塔道標1 たかさき 小美玉市 (岡ノ内) 石道標(蒲鉾型) 高60㎝,幅22㎝,厚15㎝ 文久3(1863)   市教委(玉里村の石仏たちp136) 移設? (右面)「東 玉づくり かしま/南 たかさき」、(左面)「西、たかは満/ふちう」/正面中央に「二十三夜塔」と陰刻 2 -
  高崎の題目塔道標2 たかさき 小美玉市 (恵比寿) 石道標 高60㎝,幅21㎝,厚15㎝ 文久3(1863)   市教委(玉里村の石仏たちp140) 移設 (正面右端)「右 くぼ道」、(同左端)「左、たかはま/ふちう、道」/正面中央に「二十三夜塔」と陰刻 2 -
写真 玉里御留川 たまり、
おとめ
小美玉市 霞ヶ浦 御留川   寛永2(1625)   現地解説板 明治3まで継続 水戸藩が、財源を確保するため、霞ヶ浦高浜入りの水域を専用漁場としたもの(漁民の反対を押し切った)/水域の東限は下玉里村稲荷森と安食村柊塚を結ぶ線、西限は高崎村鉾宮と石川村境堂を結ぶ線とされた/御留川では自由に漁業が行えなくなった→初期は、御川守が立ち会って行う「直網」→高く入札した者に漁業権を与える「入札による運上請負」に変化 5
  川中子村の新土堤 かわなご 小美玉市 霞ヶ浦 土堤 延長約2.7㎞ 安政6(1859)   市教委 小規模な修復
(コの字型に残る)
文化9(1812)の大水害後に庄屋・小松美幹が応急的な「旧土手」を造る/安政6、小松新右衛門美衡が、川中子村を囲い込む「新土堤」を築造 3
写真 五万堀古道遺構1 ごまんぼり 笠間市 <長兎道> 道路 長280m,幅11m 古代   木下良/WEB(鎌倉街道上道) 発掘現場はそのまま平地のまま残されたが、雑草が繁茂し、冬場以外は視認困難 常陸国府~安侯駅~河内駅へと続く駅路の一部/平成10-11の発掘調査で両側に側溝を伴う道路遺構を確認/逆カマボコ状に土を削り、元の地面より低い位置に路面が造られた/「五万堀」の呼称は、創建時とは無関係で、後世、源義家の5万の軍勢が奥州征伐のために通ったとの伝承を踏まえたもの(もし通っていたら、11世紀末には道幅が半分程度になっていた可能性がある) 3
写真 五万堀古道遺構2 ごまんぼり 笠間市 <長兎道> 道路 長最大100m程度,幅6m 古代   WEB(鎌倉街道上道) 現用道路の横に残る少し高くなった部分と合わせ、古道だった可能性 常陸国府~安侯駅~河内駅へと続く駅路の一部の可能性/上記「五万堀古道遺構1」の発掘現場の延長線上200mほどの所にあり、熊本県に残る古代道路とよく似た現況から五万堀古道の一部と推定される 2
  荒野台場・跡 こうや 鹿嶋市 <守山藩> 土塁       WEB 原形をほとんど留めない 守山藩の幕末の海防施設の中心地 5
  歩崎観音の常夜灯 あゆみざき かすみがうら市 霞ヶ浦 石常夜灯
(河川舟運)
高約3m弱 江戸末期   市教委   土浦藩主・土屋相模守が寄進/石組基壇の上に、石常夜灯が載る/霞ヶ浦を見下ろす断崖上 2
写真 雪入の郷倉 ゆきいり かすみがうら市   郷倉(萱葺屋根) 5.4m×3.6m 文化9(1812) 市建造物 WEB ほぼ完全な状態だが、萱葺のため老朽化が進む/全国に残る郷倉の中でも(小規模だが)最もよく旧状を留めるものの一つ 志筑藩家老・横手郭応(義忠)/志筑藩では、年貢米の40分の1を籾納で領内村々の各戸から徴収して貯穀し、凶年には窮民へ無利息で貸し付け、平常の年はこれを藩の財政に繰り入れる仕組み/市内には、これ以外に個人所有の萱葺郷倉も1棟現存する 1
  矢田部の渡船場・跡 やたべ 神栖市 利根川 渡船場   江戸期   市教委 一部残存 利根川にあった幕府公認の河岸場8ヶ所の1つ  
  波崎の碇石 はさき、
いかりいし
神栖市 大信寺 舫石 高140㎝ 貞和元(1345)頃   市教委/WEB 半分ほど埋設 伊賀守が瀬戸内海の沖ノ島(魚島)から、はるばる舟で波崎に上陸したのを記念して、その舟の碇をこの地に残したと伝承 2
写真 東松下の掘下げ田 ひがしまつした 神栖市 波崎地区 掘下げ田 1面 江戸期   石川大輔/市教委 この地方に、かつてたくさん見られた掘り下げ田の多くが耕作放棄地に 波崎地区は水はけの良い砂質土壌で米作りを行うための工夫/地下水面まで水田を掘り下げることで保水力を高めるだけでなく、大量の雨水を貯えることができ、建物や農地の浸水被害を軽減することもきた 2
  堀割川 ほりわり 神栖市 利根川 排水(放水路) 延長約2㎞,最大幅20m 江戸末期   市教委 一部残存 利根川の増水対策の排水路として造られたが、機能せず放置された 4
写真 神岡一里塚 かみおか 北茨城市 <岩城相馬街道> 一里塚(1基) 径6m,高1.6m 江戸期   市教委 西側の3分の1が国道6号の拡張のため欠損   4
  関本中の供養塔道標 せきもとなか 北茨城市 八坂神社階段脇 石道標(自然石) 高108㎝,幅49㎝,厚29㎝ 享保17(1733)   浜通り地方の道標p13 原位置? (正面右端)「右 ひらかたみち」、(同左端)「左 いはきみち」/正面中央に「(梵字)大乘妙典供養塔」と陰刻 1
  平潟洞門の碑 ひらかた 北茨城市 平潟洞門・跡 石碑
(自然石、変成岩)
高175㎝,幅95㎝,厚25㎝ 安永7(1778)   浜通り地方の道標p15 原位置 安永4に完成した洞門(長27m,幅3.6m,高3m)を記念して建てられた碑(洞門は現存しない)/碑文の最後に日本各地への距離が、「京都 一千三十二里/水戸 九十六里/大坂 一千六十八里/仙臺 二百八十八里/江戸 二百八十八里/南部 五百七十六里」と刻字されている(1里=約654m) 1
写真 十石堀 じゅつこく 北茨城市 加露川→松井村 用水路 約13㎞ 寛文9(1669)   市教委 ほとんどの区間で、U字溝化 沼田惣左衛門(庄屋)/村人の協力を得て、岩盤地帯を開削/灰と粘土を混ぜたものを水路に塗り込み漏水を防止 5
  古河一里塚 こが 古河市 県立古河第二高校
<日光街道>
一里塚(1基)   江戸期   WEB 塚木はオリジナルか?/塚は原形を失っている   4
  大山の供養塔道標 おおやま 古河市 (4丁目) 石道標(駒型) 高57㎝,幅20㎝ 元文2(1737)   古河の石仏p39 原位置? (正面右端)「右ハ せきやど」、(同左端)「左 さかいみち」/正面中央に「十九夜念佛供養」と陰刻 1 -
写真 上辺見の庚申塔道標 かみへみ 古河市 香取神社 石道標(駒型) 高103㎝,幅44㎝,厚26㎝ 元文5(1740)   古河の石仏p22/WEB(鎌倉街道上道) 移設、集約 (正面下部右端)「右 柳橋道/左 諸川道」/正面に青面金剛像(日月、六手剣人、二鶏、邪鬼、三猿) 2
写真 大山の庚申塔道標 おおやま 古河市 利根川・土手下
<鎌倉街道>
石道標(駒型) 高117㎝(うち、台石21㎝),幅41㎝,厚25㎝ 寛保元(1741)   古河の石仏p21/WEB(鎌倉街道上道) 移設/簡易屋根付き (台石正面右)「右 こかみち」、(同左)「左 中田」/正面に青面金剛立像(日月、六手合掌、二鶏、邪鬼、三猿)を陽刻 2
写真 下大野の馬頭観音像道標 しもおおの 古河市 正定寺・境内 石道標 高92㎝(うち、台石22㎝),幅35㎝,厚35㎝ 天明5(1785)   古河の石仏p62/WEB(鎌倉街道上道) 移設、集約 (正面像下右)「右、やき者し/こ加へ、ミち」、(同左)「左、もろ川/うき、ミち」/正面上半分を火灯窓型に削り込み馬頭観音立像(一面二臂、蓮台)を浮彫り 2
  下辺見の供養塔道標 しもへみ 古河市 香取神社 石道標(舟型) 高102㎝,幅36㎝ 文化13(1816)   古河の石仏p99 移設 (右面)「此方、東牛ヶ谷/ゆふき」、(左面)「此方、西牛ヶ谷/間々田/小山」/正面に「湯殿山/月山/羽黒山、百箇所供養、西國/秩父/坂東、巡拝供養塔」と陰刻 2
  本町の題目塔道標 ほん 古河市 八幡神社 石道標(駒型) 高80㎝,幅35㎝ 文政2(1819)   古河の石仏p34 移設 (正面右端)「此方 関やと さかい」、(同左端)「此方 のみち」/正面中央に「十九夜」と陰刻 2
写真 原町の道標 はら 古河市   石道標(尖頭角柱) 高103㎝(うち、台石10㎝),幅30㎝,厚28㎝ 文政3(1820)   古河の石仏p132-133/WEB(鎌倉街道上道) 原位置? (正面)「右、古くうさう道/こやす知”さう」、(右面左)「是与り三町 通ぬけ」、(左面)「左 古街道」 1
  西牛谷の供養塔道標 にしうしがや 古河市 八幡神社 石道標 高127㎝,幅38㎝ 文政3(1820)   古河の石仏p41 移設 (正面右端?)「右、もろ川/下つま」/正面中央に「三十三夜供養塔」と陰刻 2
  中田の馬頭観音道標 なかだ 古河市   石道標(笠付き) 高106㎝,幅38㎝ 文政4(1821)   古河の石仏p61 原位置? (正面右端)「右 せきやど さかた」、(同左端)「左 しもつま」/正面に「馬頭観世音」と陰刻 1
写真 坂間の地蔵道標 さかま 古河市 学校給食センター・脇 石道標 高85㎝(うち、台石12㎝),幅30㎝,厚29㎝ 文政9(1826)   古河城下の石仏巡礼p35/WEB(鎌倉街道上道) 移設(もと、松原) (正面像下)「東 茶屋新田/右 古河/左 新久田/南 中田新田」/正面上部を光背型に削り込み地蔵坐像(蓮台)を陽刻 2
  東牛谷の供養塔道標1 ひがしうしがや 古河市 公民館 石道標(駒型) 高73㎝,幅39㎝ 文政12(1829)   古河の石仏p41 移設 「右 こか」「向、ゆふき/もろ川」「左、まゝだ/志あんはし」/正面に「十六夜供養」と陰刻 2 -
  牧野地の馬頭観音道標 まきのじ 古河市   石道標(駒型) 高50㎝,幅23㎝ 天保9(1838)   古河の石仏p58 移設(共同墓地内) (正面○)「向 古河」、(右面)「本郷道」、(左面)「こくぞう」/正面に「馬頭観世音」と陰刻 3 -
  横山町の供養塔道標 よこやま 古河市 徳星寺 石道標(舟型) 高100㎝,幅31㎝ 天保13(1842)   古河の石仏p90 移設 (正面○)「おの袋」、(右面)「東 こか」、(左面)「かわまた/いたくら」/正面に「奉順禮、秩父/西國/坂東、百番供養塔」と陰刻 2
  前林の馬頭観音道標 まえばやし 古河市 東光寺 石道標(笠付き) 高90㎝,幅36㎝ 弘化3(1846)   古河の石仏p63 移設 (正面○)「向、さつて/せき宿」/正面に「馬頭観世音」と陰刻 2
写真 錦町の庚申塔道標 にしき 古河市 頼政神社 石道標(駒型) 高104㎝(うち、台石20+14㎝),幅28.5㎝,厚22㎝ 弘化3(1846)   古河の石仏p19/WEB(鎌倉街道上道) 移設、集約 (台石右面)「此方/ふじを加/二り半」、(台石左面)「此方/こかへ 丁」/正面に「庚申塔」と大きく陰刻 2
  東牛谷の供養塔道標2 ひがしうしがや 古河市 公民館 石道標(駒型) 高100㎝,幅40㎝ 嘉永2(1849)   古河の石仏p42 移設 (右面)「南 しあんはし」、(左面)「北 古河」/正面に「十九夜供養」と陰刻 2
写真 鴻巣の庚申塔道標 こうのす 古河市 古河総合公園・入口南 石道標(駒型) 高131㎝(うち、台石32㎝),幅40㎝,厚40㎝ 嘉永4(1851)   古河の石仏p20/WEB(鎌倉街道上道) 原位置? (台石右面)「右 本郷道」、(台石左面)「左 奈可…」/正面に青面金剛像(日月、六手合掌、邪鬼、三猿)を陽刻 1
写真 下大野の延命観音像道標 しもおおの 古河市 正定寺・入口 石道標 高115㎝(うち、台石28+12㎝),幅36㎝,厚34㎝ 安政3(1856)   古河の石仏百選/WEB(鎌倉街道上道) 移設 (台石正面下部)「ま々だ/此方」、(台石右面)「此方、なかだ/古が/のぎ」、(台石左面)「此方、せきやど/さかい」/正面を火灯窓型に削り込み延命観音立像(蓮台)を陽刻/延命観音の兼用道標は稀 2
  本町の庚申塔道標 ほん 古河市 市歴史博物館 石道標 高50㎝,幅20㎝ 万延元(1860)   古河の石仏p17 移設 「右 こか/左 原町」/正面に「庚申塔」と陰刻 2 -
写真 本町の道標
(日光街道古河宿道標)
ほん 古河市 (1丁目)<日光街道> 石道標(常夜灯兼) 高222㎝,46㎝角 文久元(1861) 市有形民俗 古河の石仏p88/WEB(鎌倉街道上道) 原位置? (正面)「左 日光道」、(右面)「東 筑波山、諸川/下妻/結城」、(左面)「右 江戸街」/頂部に唐破風付きの火袋を載せる 2
写真 桜川市の鎌倉街道・跡 さくらがわ 桜川市 旧岩瀬町、旧大和村
<鎌倉街道(推定ルート)>
道路   鎌倉時代?   WEB 岩瀬駅から犬田周辺で、土塁状の高まりや、掘割状及び切り通し状の道路等を確認 頼朝が 鎌倉に入り東国支配確立の頃には街道として整備されていたとされる(~17世紀初頭) 4
  大泉の題目塔道標 おおいずみ 桜川市   石道標 高122㎝,幅113㎝,厚33㎝ 宝暦5(1755)   WEB(栃木の道標一覧)   (正面)「右ハ おうしう 西明寺/左ハ 日光 まふか」/正面中央に「二十三夜塔」と陰刻  
  下妻の道標1 しもつま 下妻市 三夜尊 石道標(尖頭角柱) 高106㎝,幅30㎝,厚29㎝ 元禄8(1695)   しもつまの野仏p237,
239
移設/正面の刻字不明 (右面)「南 よしぬま道/西 江戸道」、(左面)「北 しもだて道/東 つくば道」/正面には「(梵字)…」とあるので、本来は兼用道標だったが、刻字不明のため「道標」と記した/17世紀の道標 3
  田下の道標 たげ 下妻市   石道標 高72㎝,幅19㎝,
厚18㎝
宝暦2(1752)   しもつまの野仏p237,
239
移設→個人宅 (正面)「南、ミつかいとう/江戸ミち」、(右面)「東、つくばミち/まかべミち」、(左面)「西、しもつまミち/ゆふきミち」、(裏面)「北」 4 -
  下木戸の供養塔道標 しもきど 下妻市 十字路角 石道標(尖頭角柱) 高75㎝,幅45㎝,
厚14㎝
天明3(1783)   しもつまの野仏p168 原位置? (右面)「東 大宝八まん かち道」、(左面)「西 せきもと、舟玉/ゆふき、道」、(裏面)「北、くろご/下だて/久下田、道」/正面に「(梵字)二十三夜供養塔」と陰刻 1 -
  高道祖の供養塔道標1 たかさい 下妻市 三叉路 石道標 高100㎝,幅37㎝,厚20㎝ 寛政5(1793)   しもつまの野仏p169 原位置? (右面)「右 つくば 北条」、(左面)「左 椎尾 まかべ」/正面に「廿三夜供養塔」と陰刻 1
  下妻の庚申塔道標 しもつま 下妻市 (不動宿) 石道標 高67㎝,幅38㎝,
厚18㎝
寛政12(1800)   しもつまの野仏p154 移設? (右面?)「此方、大ほう/つくば、道」、(左面?)「此方、そうどう/江戸、道」、(裏面)「此方、下つま/こが、道」/正面に「庚申塔」と陰刻 2 -
  下妻の題目塔道標 しもつま 下妻市 新福寺 石道標 高160㎝,幅40㎝,厚43㎝ 文化3(1806)   しもつまの野仏p198 移設 (右面?下部)「左、志いのを/まかべ、道」、(左面?下部)「右、そうとう/江戸、道」/正面に「南無阿弥陀佛」と陰刻 2
  山尻の供養塔道標 やまじり 下妻市 弁納堂堤 石道標(尖頭角柱) 高78㎝,幅38㎝,
厚23㎝
文化7(1810)   しもつまの野仏p170 移設? (正面左)「西、下つま/大ほう、ミち」、(右面)「南、よしぬま/ミつかいどう、道」、(左面)「北、やぎわらわたし/大ぞね 一ノ矢/つくば」/正面中央に「(梵字)二十三夜供養塔」と陰刻 2
  新堀の馬頭観音道標 にいぼり 下妻市   石道標(駒型) 高73㎝,幅34㎝,
厚20㎝
文政6(1823)   しもつまの野仏p92 原位置? (右面)「右、かよふ/よし沼、道」、(左面)「かち道、たかさい/つくば、道」/正面に「(梵字)馬頭觀世音」と陰刻 1 -
  袋畑の題目塔道標 ふくろはた 下妻市 三叉路 石道標 高73㎝,幅34㎝,
厚8㎝
天保8(1837)   しもつまの野仏p171 原位置? (正面右下)「右 よしぬま」/正面中央に「十九夜塔」と陰刻 1 -
  高道祖の供養塔道標2 たかさい 下妻市 (小渡) 石道標(自然石) 高60㎝,幅30㎝,
厚29㎝
天保12(1840)   しもつまの野仏p172 正面最下部欠損 (右面)「北、ゑびがしま/村田」、(左面)「南、よしのま/そうどう」/正面に「二十三夜供…」と陰刻 2 -
  江の題目塔道標 下妻市 神明社・入口 石道標 高61㎝,幅23㎝,
厚17㎝
天保14(1842)   しもつまの野仏p172 移設 (正面最下部?)「東、大ほう/下つま、道」、(右面)「せきもと/ゆふき、道」、(左面)「ひらかた道」/正面に「二十三夜塔」と陰刻 2 -
  加養の供養塔道標 かよう 下妻市 東光寺・入口 石道標(尖頭角柱) 高110㎝,幅34㎝,厚22㎝ 天保15(1843)   しもつまの野仏p172 移設 (正面右)「向 しもつま道」、(同左)「だいほう道」、(右面)「右、よしぬま/つちうら、道」、(左面左)「左 かちミち」/正面中央に「二十三夜供養塔」と陰刻 2
  下田の馬頭観音道標 しもだ 下妻市 (貝越) 石道標(自然石) 高145㎝,幅87㎝,厚20㎝ 弘化3(1846)   しもつまの野仏p93 昭和47修復 (正面最下部右?)「右 大宝」、(同左?)「左/下つま」/正面に「(梵字)馬頭觀世音」と陰刻 2
  高道祖の題目塔道標 たかさい 下妻市 (小渡) 石道標 高72㎝,幅30㎝,
厚20㎝
嘉永3(1850)   しもつまの野仏p173   (右面)「そうどう/よしぬま、道」、(左面)「ゑびがしま/まかべ/むらた、道」、(裏面)「ほらげ道」/正面に「二十三夜塔」と陰刻   -
  桐ケ瀬の供養塔道標 きりがせ 下妻市   石道標 高62㎝,幅28㎝,
厚19㎝
嘉永3(1850)   しもつまの野仏p173 正面最下部欠損 (右面)「此方、大ほう/つくば、道」、(左面)「此方、こが/さかい、道」/正面に「二十三夜供養…」と陰刻 2 -
  樋橋の題目塔道標 ひばし 下妻市 竈神社前三叉路 石道標(尖頭角柱) 高52㎝,幅37㎝,
厚24㎝
嘉永3(1850)   しもつまの野仏p173

下部埋設 or 欠損?

(右面)「右 つ…」、(左面)「左 下…」/正面に「二十三夜塔」と陰刻 3 -
  谷田部の供養塔道標 やたべ 下妻市   石道標(尖頭角柱) 高86㎝,幅30㎝,
厚20㎝
嘉永4(1851)   しもつまの野仏p174 原位置? (右面)「右、やぎわら渡し/つくば、道」、(左面)「向、右 かよう よしぬま/左 大ほう しまつま、道」/正面に「十七夜供養塔」と陰刻 1
  加養の供養塔道標 かよう 下妻市 笹塚橋・角 石道標(尖頭角柱) 高90㎝,幅33㎝,
厚21㎝
嘉永4(1851)   しもつまの野仏p174 正面下部欠損 (正面左)「向 よしぬ満 土うら」、(右面)「右 あじき ほうじょう」、(左面)「左 大ほう 下つま」/正面中央に「二十三夜供養…」と陰刻 2
  肘谷の供養塔道標 ひじや 下妻市 三叉路 石道標(尖頭角柱) 高95㎝,幅36㎝,
厚20㎝
安政2(1855)   しもつまの野仏p174 原位置? (正面左?)「向、下つま/大ほう、道」、(右面)「右、あじき渡し/つくば、道」、(左面)「左 さくば道」/正面中央に「二十三夜供養」と陰刻 1
  亀崎の題目塔道標 かめざき 下妻市 天満神社 石道標 高60㎝,幅26㎝,
厚18㎝
安政2(1855)   しもつまの野仏p64 移設 (右面?)「西、下津満/大ほう」、(左面?)「南、つちうら/つくば」/正面に「延命観音」と陰刻 2 -
  今泉の供養塔道標 いまいずみ 下妻市 三叉路 石道標(駒型) 高135㎝,幅36㎝,厚23㎝ 安政4(1857)   しもつまの野仏p175 原位置? (正面左)「向 ながつかミち」、(右面)「右 そうどう道」、(左面)「左 下ツま道」/正面中央に「十七夜供養」と陰刻 1
  加養の庚申塔道標 かよう 下妻市   石道標(駒型) 高87㎝,幅34㎝,
厚20㎝
万延元(1860)   しもつまの野仏p156   (右面)「右 よしぬま」、(左面)「左、下つま/だいほう」/正面に「(梵字)青面金剛」と陰刻、頂部に“日月”の陽刻?  
  中郷の馬頭観音道標1 なかごう 下妻市 (坪谷) 石道標(尖頭角柱) 高54㎝,幅17㎝,
厚8㎝
文久3(1863)   しもつまの野仏p94 移設? (右面)「いしけ 水海道」、(左面)「村田 下だて」/正面に「馬頭觀世音」と陰刻 2 -
  下妻の馬頭観音道標 しもつま 下妻市 高福寺 石道標(自然石) 高110㎝,幅93㎝,厚11㎝ 元治元(1864)   しもつまの野仏p94 移設 (正面左下?)「南、水海道/ゑと、道」、(裏面右?)「東 つくば道」/正面に「馬頭觀世音」と陰刻 2
  今泉の馬頭観音道標 いまいずみ 下妻市 三叉路 石道標 高100㎝,26㎝角 慶応2(1866)   しもつまの野仏p95 原位置?/右面の刻字のほとんどが判読されていない (右面?)「左 そうどう道」、(左面?)「□□/く□□□□□」/正面に「馬頭觀世音」と陰刻 3
  中郷の馬頭観音道標2 なかごう 下妻市   石道標(尖頭角柱) 高59㎝,幅23㎝,
厚18㎝
慶応2(1866)   しもつまの野仏p94 刻字のほとんどが判読されていない (正面右)「□□□□ つくば」、(同左)「大□□ □うとう」/正面に「馬頭世音」と陰刻 3 -
  下妻の道標2 しもつま 下妻市 高福寺 石道標(舟型?) 高64㎝,幅29㎝,
厚19㎝
江戸期   しもつまの野仏p245 移設/舟型なら光背なので右・左面に刻字はないはず/正面中央の刻字も不明/兼用道標かどうかも分からない (正面右?)「右ハ 江戸道」、(同左)「左ハ つくば道」、(右面)「是より 江戸へ」、(左面)「左 つくば道」/正面中央に「本」と陰刻(意味不明)/「江戸」の標記は江戸期 3 -
  高道祖の石橋供養塔 たかさい 下妻市   石碑(自然石) 高87㎝,幅67㎝,
厚15㎝
嘉永6(1853)   しもつまの野仏p200   (正面中央)「石橋三十ヶ所供養塔」  
写真 下妻城下町の土塁・跡 しもつま 下妻市 <多賀谷城址公園> 土塁   戦国期   WEB 昭和36に始まった都市計画事業で消滅し、多賀谷城内に僅かに残るのみ 戦国期の多賀谷氏の城下町の各所に土塁と空堀が造られた 4
  鴻野山の高札台 こうのやま 常総市   高札場 幅3.6m,高2.5m 江戸期 市建造物 WEB 補修はあるがオリジナル 四方を高札を守るため角材の玉垣で囲む 2
  崎房の高札台 さきぶさ 常総市   高札場 幅3.6m,高2.5m 江戸末期 市建造物 WEB 補修はあるがオリジナル 四方を高札を守るため角材の玉垣で囲む 2
  北宿並木一本松 きたじゅく 高萩市 <岩城海道> 松並木 72本(1789年)→1本 慶長11(1606) 市史跡 WEB 松枯れが進行中   4
  八幡の常夜灯 やわた 筑西市 八幡神社・参道入口 石常夜灯 高2.65m(本体のみ) 嘉永元(1848)   にいばりの里の野仏p155・160 原位置? (竿正面)「一國/一社、正八幡宮」/石基壇あり(石組みが見事) 1
  三郷の秋葉山常夜灯 さんごう 筑西市   石常夜灯 高1.20m 嘉永元(1848)   にいばりの里の野仏p154・161 移設→個人宅 (竿)「星宮大權現/日天大日如来/秋葉山大權現」/すべてが円断面、竿石は円柱 4
  清水の供養塔道標 しみず 筑西市 (宮脇) 石道標(自然石) 高120㎝,幅70㎝,厚13㎝ 文化3(1806)   にいばりの里の野仏p108   (正面最下部右)「東 まかべ道」、(同左)「西 しもたて道」/正面中央に「(梵字)二十三夜供養塔」と陰刻  
  古郡の供養塔道標 ふるごおり 筑西市 (台の原) 石道標(自然石) 高102㎝,幅43㎝,厚15㎝ 文化4(1807)   にいばりの里の野仏p125 移設→個人宅 (正面右下隅)「南 つくむ」、(右面?)「東 かさま」、(左面?)「西 しまだて」、(裏面)「北 をくり」/正面に「(梵字)月山/湯殿山/羽黒山、坂東/百番、供養塔」と陰刻 4
  桑山の供養塔道標1 くわやま 筑西市 (十二番耕地) 石道標(自然石) 高115㎝,幅120㎝,厚17㎝ 文化5(1808)   にいばりの里の野仏p108   (正面最下部右)「右、八和多/志んまち」、(同左)「左、小具り/もふか」/正面中央に「(梵字)十九夜供養塔」と陰刻  
  蓮沼の供養塔道標 はすぬま 筑西市 (前原) 石道標(尖頭角柱) 高80㎝,幅21㎝,
厚23㎝
文政3(1820)   にいばりの里の野仏p109   (正面最下部)「右 満加べ/左 安ま引」/正面中央に「(梵字)二十三夜供養」と陰刻、右面(?)に「奉納、秩父/西國/坂東、供羪」と陰刻  
  桑山の題目塔道標1 くわやま 筑西市 (五番耕地) 石道標(自然石) 高112㎝,幅74㎝,厚14㎝ 天保3(1832)   にいばりの里の野仏p110   (正面最下部右)「右 雨引」、(同左)「左 堀内」/正面中央に「(梵字)廿三夜塔」と陰刻  
  桑山の供養塔道標2 くわやま 筑西市 (十四番耕地) 石道標(自然石) 高151㎝,幅52㎝,厚27㎝ 天保13(1842)   にいばりの里の野仏p110   (正面左下)「左 下だて」、(右面?)「右へ まかべ」/正面中央に「(梵字)二十三夜供養塔」と陰刻  
  小栗の題目塔道標 おぐり 筑西市 (太郎丸)三叉路 石道標(自然石) 高113㎝,幅61㎝,厚52㎝ 弘化3(1846)   にいばりの里の野仏p111 原位置? (左面?最下部)「右 まかべ/左 とみや」/正面中央に「(梵字)二十三夜塔」と陰刻 1
  桑山の題目塔道標2 くわやま 筑西市 (五番耕地) 石道標(自然石) 高84㎝,幅45㎝,
厚20㎝
弘化3(1846)   にいばりの里の野仏p110   (正面最下部右)「右 あまびき」、(同左)「堀ノ内 坪」/正面中央に「(梵字)二十三夜塔」と陰刻  
  関城跡の坑道 せき 筑西市 <関城> 素掘トンネル
(外敵の侵入用)
高2m,幅1m 興国4(1343)落城 国史跡 WEB 入口はコンクリート化 高師冬軍が関城を攻める際に掘った坑道(貫通せず) 4
写真 筑波山神社の神橋 つくばさん、しんきょう つくば市 筑波神社 木桁橋(屋根付き) 長7.2m,S1.8m(G) 嘉永10(1663) 県重文 市教委/WEB 修復履歴不明 安土桃山時代の豪壮な遺風が見られる(両妻の太瓶束の左右に、妻面を覆い尽くすように延びる唐草の笈形や、虹梁上の板蟇股)/御座替祭の時、神輿と随従の人々が渡る 1 写真
  高良田の馬頭観音道標 たからだ つくば市 (下高良田)研修センター 石道標(駒型) 高140㎝,幅41㎝,厚25㎝ 万治3(1660)   谷田部の石仏p53 移設 「西 こしき」「東 上郷」/正面に「馬頭觀世音」と陰刻/17世紀の道標 2
  杉木の題目塔道標 すぎのき つくば市 南八幡神社 石道標(花崗岩) 高75㎝,24㎝角 宝永元(1704)   筑波町石造物資料集(上)p262 原位置? (正面左)「志いのふやくしみち」、(右面)「是より つくはみち」、(左面)「従是 まかべミち」/正面右に「(梵字)譓決童子菩薩」と陰刻 1
  北条の如意輪観音像道標 ほうじょう つくば市 (日向)
<山根道・君島街道>
石道標(花崗岩) 高87㎝,幅33㎝,
厚24㎝
寛延4(1751)   筑波町石造物資料集(上)p189 原位置? (正面像下)「南、江戸/一のや」、(右面)「東、つく者/都ちうら」、(左面)「西、下つま/まかべ」/正面を火灯窓型に浅く削り込み上部に如意輪観音の半跏坐像を浮彫 1
  小田の題目塔道標 おだ つくば市 (桶口) 石道標(自然石、雲母片岩) 高110㎝,幅36㎝,厚26㎝ 明和3(1766)   筑波町石造物資料集(上)p89 移設 (正面右下)「右、つちうら 三り/あば 九り」、(同左下)「左、きよたき 一八丁/ふちう 四り」、(右面)「左 つくば 二り」/正面中央に「南無阿弥陀佛」と陰刻 2
  南中妻の供養塔道標 みなみなかづま つくば市 南中妻集荷所 石道標(自然石) 高81㎝ 安永2(1773)   谷田部の石仏p217 移設、集約 (正面右)「右、たぐ良/うしく、道」、(同左)「左、ひのさハ/あ者"道」/正面中央に「甲子待供養塔」と陰刻 3
  臼井の供養塔道標 うすい つくば市 (清水内) 石道標(自然石、雲母片岩) 高67㎝,幅47㎝,
厚12㎝
安永3(1774)   筑波町石造物資料集(上)p256 原位置? (正面右下)「右、大しま/志いの」、(同左下)「左、下つま/大そね」/正面中央に「大子講供養」と陰刻 1 -
  筑波の供養塔道標 つくば つくば市 (道明) 石道標(駒型、
斑レイ岩)
高108㎝,幅41㎝,厚22㎝ 天明8(1788)   筑波町石造物資料集(下)p14 移設? (正面右)「西 志いのをみち」、(同左)「南 志もつま道」/正面中央に「(梵字)二十三夜供養」と陰刻 2
  山口の馬頭観音道標 やまぐち つくば市 (畑中) 石道標(板碑型、雲母片岩) 高180㎝,幅80㎝,厚20㎝ 寛政4(1792)   筑波町石造物資料集(上)p111 移設 (正面右下)「南 一の矢/西 北条/東 ふどふ坂」/正面に「南無馬頭觀世音菩薩」と陰刻 2
  北条の供養塔道標 ほうじょう つくば市 西宮社・入口 石道標(板碑型、雲母片岩) 高173㎝,幅88㎝,厚10㎝ 寛政4(1792)   筑波町石造物資料集(上)p177 移設? (正面右下隅)「是より 筑波迄 二十五丁」/正面中央に「(梵字)二十三夜供養塔」と陰刻 2
  北条の題目塔道標 ほうじょう つくば市 (仲町) 石道標(板碑型、雲母片岩) 高117㎝,幅64㎝,厚28㎝ 寛政9(1797)   筑波町石造物資料集(上)p204 移設、集約 (正面右下)「右、大ほう/下つま」、(同左下)「左、いつみ/くわんのん」/正面中央に「(梵字)十九夜塔」と陰刻 2
写真 北条の道標
(つくば道道標)
ほうじょう つくば市 (仲町)<つくば道> 石道標(花崗岩) 高約300㎝ 寛政10(1798)再建   市教委/筑波町石造物資料集(上)p175 原位置? (正面)「こ連・より、つくは道」、(右面)「東、ひ・た・り、きよたき/つちうら、 加し満」、(左面)「にし、おふそね/いちのや、江戸」/台石は8角柱/書家が大曽根を「おほそね」と書かず「おふそね」と誤記したことを恥じたとの伝承がある 1
  上大島の供養塔道標 かみおおしま つくば市 (館ノ内) 石道標(自然石、雲母片岩) 高170㎝,幅100㎝,厚17㎝ 寛政12(1800)   筑波町石造物資料集(下)p77 移設? (正面右下)「右 津くハ、ほうてふ/きよたき」、(同左下)「左 志ゐのふ、満可へ/阿まひき」/正面を火灯窓型に浅く削り込み「聖徳太子供養塔」と陰刻 2
  山中の庚申塔道標 やまなか つくば市   石道標 高68㎝ 寛政12(1800)   谷田部の石仏p141 移設? (右面?)「右 面ノ井」、(左面?)「左 水ぼり」/正面に青面金剛立像(六手合掌、邪鬼)の陽刻 2
  赤塚の子育地蔵道標 あかつか つくば市 旧・赤塚集会所 石道標(蒲鉾型) 高68㎝ 寛政12(1800)   谷田部の石仏p188 移設、集約 (正面像左上)「左ハ つく者みち」/正面下部に子育地蔵坐像を陽刻 2
  大形の馬頭観音道標 おおがた つくば市   石道標(自然石、雲母片岩) 高150㎝,幅54㎝,厚13㎝ 寛政13(1801)   筑波町石造物資料集(上)p14 原位置? (正面右下)「右 きよたきみち」、(同左下)「左 つちうら大通」/正面中央に「(梵字)馬頭觀世音」と陰刻 1
  安食の供養塔道標 あじき つくば市 (南窪) 石道標(板碑型、雲母片岩) 高70㎝,幅53㎝,
厚7㎝
享和3(1803)   筑波町石造物資料集(下)p180 原位置? (正面右下)「右、よしぬま/ミつかいどう」、(同左下)「左 大そね」/正面中央に「(梵字)廿三夜供養」と陰刻 1 -
  中菅間の題目塔道標 なかすがま つくば市 鹿島神社 石道標(雲母片岩) 高60㎝,幅30㎝,
厚20㎝
享和4(1804)   筑波町石造物資料集(下)p97 移設 (右面)「ほらげ つくば」、(左面)「志いのう まかべ」/正面中央に「聖徳太子」と陰刻 2 -
  国松の馬頭観音道標1 くにまつ つくば市 (一ツ橋) 石道標(自然石、花崗岩) 高139㎝,幅53㎝,厚21㎝ 文化2(1805)   筑波町石造物資料集(下)p69 移設 (正面最下部右下)「右 つち浦」、(同左下)「左 つくば」/正面下部中央に「(梵字)馬頭觀世音」と陰刻 2
  漆所の題目塔道標 うるしじょ つくば市 (谷津) 石道標(板碑型、雲母片岩) 高202㎝,幅72㎝,厚12㎝ 文化5(1808)   筑波町石造物資料集(上)p266 移設? (正面左下)「左 つくば」/正面に「二十三夜塔」と陰刻 2
  洞下の題目塔道標 ほらげ つくば市 (石橋上) 石道標(板碑型、雲母片岩) 高120㎝,幅50㎝,厚19㎝ 文化5(1808)   筑波町石造物資料集(下)p111 原位置? (正面左下)「左 大ほう」/正面に「二十三夜塔」と陰刻 1
  東平塚の供養塔道標 ひがしひらつか つくば市   石道標 高88㎝,幅31㎝,
厚20㎝
文化6(1809)   谷田部の石仏p138 移設? (右面?)「南 つちうら さいき」、(左面)「東 くりばら きよたき」/正面に「二十三夜供養」と陰刻 2
  泉の題目塔道標 いずみ つくば市 (井戸田) 石道標(自然石、雲母片岩) 高136㎝,幅58㎝,厚16㎝ 文化10(1813)   筑波町石造物資料集(上)p148 原位置? (正面右下)「右 さむら道」、(同左下)「左、きみしま/いちのや、道」/正面に「(梵字)二十三夜塔」と陰刻 1
  手代木の供養塔道標 てしろぎ つくば市 手代木遍照院 石道標(自然石) 高120㎝ 文化13(1816)   谷田部の石仏p206 移設 (正面右下?)「やたべ道」、(同左下?)「ひの沢道」/正面中央に「廿三夜供養塔」と陰刻 2
  国松の供養塔道標 くにまつ つくば市 (窪) 石道標(花崗岩) 高97㎝,幅40㎝,
厚25㎝
文化15(1818)   筑波町石造物資料集(下)p68 移設 (正面右下)「右 つくば」/正面中央に「奉拝禮、秩父/坂東、霊場供養塔」と陰刻 2
  山口の供養塔道標 やまぐち つくば市 (堂谷津)児童館脇墓地 石道標(板碑型、花崗岩) 高128㎝,幅71㎝,厚9㎝ 文政2(1819)   筑波町石造物資料集(上)p114 移設 (台石正面)「ほう志さう/つちうら/南/安波/江戸」、(台石右面)「志いのふ/まかべ/下たて/東」、(台石左面)「西/向上の/中うへ野/くろ子」/正面に「(梵字)奉/納、百八十八ケ所供羪塔」と陰刻 3
  漆所の馬頭観音道標 うるしじょ つくば市 (神送場) 石道標(板碑型、雲母片岩) 高110㎝,幅54㎝,厚12㎝ 文政4(1821)   筑波町石造物資料集(上)p266 移設? (正面右下)「つくば道」/正面に「馬頭觀世音」と陰刻 2
  池田の馬頭観音道標 いけだ つくば市 (土器内) 石道標(自然石、雲母片岩) 高77㎝,幅51㎝,
厚8㎝
文政4(1821)   筑波町石造物資料集(下)p103 移設、集約 (正面右下)「右、いつみ/ほうてふ」、(同左下)「左 つくば」/正面に「馬頭觀世音」と陰刻 3 -
  沼田の道標 ぬまた つくば市 (滝ノ原) 石道標(自然石、斑レイ岩) 高182㎝,幅73㎝,厚48㎝ 文政7(1824)   筑波町石造物資料集(下)p52 原位置? (正面)「是より つくは山大み堂」、(同右)「右 ほうてう 土うら」 1
  水守の馬頭観音道標 みもり つくば市 医王寺 石道標(板碑型、雲母片岩) 高138㎝,幅62㎝,厚19㎝ 文政10(1827)   筑波町石造物資料集(下)p147 移設 (正面右下)「右 江戸」、(同左下)「左 土浦」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 2
写真 下広岡の馬頭観音道標 しもひろおか つくば市   石道標 高192㎝(うち、台石2段50㎝),60㎝角 文政11(1828)   WEB(鎌倉街道上道) 原位置 (正面右下隅)「右、やたべ 水海道/ふせ通り 江戸道」、(正面左下隅)「左、あら川 うしく/龍可"さき道」/正面に大きく「(梵字)馬頭觀世音」と陰刻、(裏面)「(光明真言の円形梵字)道普請供養塔」 1
  南中妻の供養塔道標 みなみなかづま つくば市   石道標(駒型) 高70㎝ 天保5(1834)   谷田部の石仏p205 原位置? (右面)「右 わかくり」、(左面)「左、ひのさわ/あば」/正面に「十九夜供養」と陰刻 1 -
  鬼ケ窪の馬頭観音道標 おにがくぼ つくば市 三叉路 石道標(駒型) 高60㎝,幅29㎝ 弘化2(1845)   谷田部の石仏p85 原位置? (正面右下)「南、かりま/つちうら」、(同左下)「北 つくば」/正面に「□ □頭觀」と陰刻 1 -
  上菅間の馬頭観音道標 かみすがま つくば市 (下前田) 石道標(板碑型、花崗岩) 高76㎝,幅36㎝,
厚13㎝
弘化4(1847)   筑波町石造物資料集(下)p90 移設 (正面右下)「右、ほう志やう/いつみ」、(同左下)「左、つくば/志もたて」/正面に「馬頭觀世音」と陰刻 3 -
  新牧田の供養塔道標 あらまきだ つくば市 新牧田研修センター・敷地内 石道標(駒型) 高65㎝ 嘉永元(1848)   谷田部の石仏p204 移設 (右面)「ひろ岡 土浦」?、(左面)「二本松 一の矢」?/正面に「(梵字)十九夜供養塔」と陰刻 2 -
  国松の馬頭観音道標2 くにまつ つくば市 (台ノ上) 石道標(板碑型、花崗岩) 高105㎝,幅64㎝,厚14㎝ 嘉永3(1850)   筑波町石造物資料集(下)p70 移設 (正面右下)「右 つくば」、(同左下)「左 まかへ」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 2
  田中の題目塔道標 たなか つくば市 (中根前) 石道標(板碑型、雲母片岩) 高105㎝,幅62㎝,厚17㎝ 嘉永3(1850)   筑波町石造物資料集(下)p140 移設 (正面右下隅)「右、多いほ/志もつ満、道」、(同左下隅)「左。津久りや/やきわら、道」/正面中央に「艸参夜塔」と陰刻 2
  高田の供養塔道標 たかた つくば市 三叉路 石道標(自然石) 高60㎝ 嘉永3(1850)   谷田部の石仏p99 原位置?/頂部欠損/下部埋設 (正面右下?)「西 おらい」、(同左下?)「東 つちうら」/正面中央に「大乗妙典千札供養」と陰刻 2 -
  苅間の題目塔道標 かりま つくば市 石道標(板碑型) 高121㎝,幅61㎝,厚19㎝ 嘉永5(1852)   谷田部の石仏p137 原位置? (正面右下)「右、らいじん/下つま?」、(同左下)「左、ませ/水海道」/正面に「十九夜塔」と陰刻 1
  沼田の馬頭観音道標 ぬまた つくば市 (下ノ坪) 石道標(板碑型、花崗岩) 高157㎝,幅98㎝,厚27㎝ 嘉永5(1852)   筑波町石造物資料集(下)p46 移設? (正面右下)「東、筑波山大御堂/北条 土浦」、(同左下)「西、椎尾 真壁/雨引 下館」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 2
  小白硲の供養塔道標 こじらはざま つくば市   石道標(板碑型) 高110㎝,幅38㎝,厚9㎝ 嘉永5(1852)   谷田部の石仏p137 移設 (正面右下)「右、やぎはし/一ノ矢/つくば」、(同左下)「左、志まな/よしぬま/大ほう」/正面に「十九夜供養塔」と陰刻 2
  小田の供養塔道標 おだ つくば市 (八幡前) 石道標(板碑型、雲母片岩) 高130㎝,幅85㎝,厚15㎝ 嘉永6(1853)   筑波町石造物資料集(上)p92 移設 (正面右下)「左 つ久者道」/正面に「月山/湯殿山/羽黒山、百番供養」と陰刻 2
  杉木の馬頭観音道標 すぎのき つくば市 (前田) 石道標(板碑型、雲母片岩) 高172㎝,幅122㎝,厚17㎝ 嘉永7(1854)   筑波町石造物資料集(上)p263 原位置? (正面右下)「右、津くは/まかべ」、(同左下)「左 いづみ」/正面中央に「(梵字)馬頭觀世音」と陰刻 1
  筑波の道標 つくば つくば市 (東山) 石道標(板碑型、安山岩) 高104㎝,幅57㎝,厚12㎝ 安政7(1860)   筑波町石造物資料集(下)p30 原位置? (正面)「女體山」、(同右上)「是より」 1
  小田の庚申塔道標 おだ つくば市 (大町) 石道標(尖頭角柱、花崗岩) 高120㎝,36㎝角 万延元(1860)   筑波町石造物資料集(上)p88 移設 (左面)「清たき道」、(裏面)「土う羅道」/正面に大きく「庚申」と陰刻 2
  小泉の馬頭観音道標 こいずみ つくば市 南八幡神社 石道標(駒型、
花崗岩)
高84㎝,幅30㎝,
厚17㎝
万延元(1860)   筑波町石造物資料集(上)p161 移設 (正面最下部)「右、北条/つくは」、(右面最下部)「左、いつみ/江戸、道」/正面に「馬頭觀世音」と陰刻 2
  赤塚の馬頭観音道標 あかつか つくば市 (二本松) 石道標(板碑型) 高90㎝ 元治2(1865)   谷田部の石仏p197 移設 (正面右下)「右、ひの沢/牛久」、(同左下)「左 土浦」/正面に「馬頭觀世音」と陰刻 2
写真 裏堀 うら つくば市   用水路   12世紀後半   WEB 護岸改修/雰囲気は残る 常陸北条の支配者・多気氏の6代目・義幹が大通りの南に開削した灌漑・防火用水 3
  神生の供養塔道標 かんのう つくばみらい市 (三夜後) 石道標 高52㎝,幅21㎝,厚15㎝ 寛政7(1795)   伊奈の石仏•石塔(上)
p200
原位置? (正面右下隅)「東 りうがさき」、(同左下隅)「南 とりて」、(右面)「北 やたべみち」、(左面)「西 いたはしみち」/正面中央に「二十三夜供養」と陰刻 1 -
  野堀の供養塔道標1 のぼり つくばみらい市 (白山脇) 石道標(駒型) 高77㎝,幅28㎝,厚17㎝ 寛政12(1800)   伊奈の石仏•石塔(上)
p182
原位置? (右面)「北 やたべみち」、(左面)「西 いたはし」/正面に「(梵字)廿三夜供養」と陰刻 1 -
  足高の供養塔道標 あだか つくばみらい市 (猿舞) 石道標(尖頭角柱) 高100㎝(うち、台石17㎝),幅30㎝,厚19㎝ 享和元(1801)   伊奈の石仏•石塔(上)
p23
移設? (右面)「右ハ やたべ」、(左面)「左ハ いたはし」/正面に「奉念二十三夜供養」と陰刻 2
  小張の供養塔道標 おばり つくばみらい市 (赤松) 石道標(駒型) 高70㎝,幅29㎝,厚18㎝ 享和元(1801)   伊奈の石仏•石塔(上)
p234
原位置?/頂部欠損/下部埋設 (正面頂部)「南」、(同右下)「おばり」、(同左下)「江戸道」、(右面)「東、やたへ…/つちうら」、(左面)「西、ならと/…かい道」、(裏面右)「ませ」、(同左)「つくば」/正面中央に「二十三夜供…」と陰刻 2 -
  高岡の供養塔道標 たかおか つくばみらい市 (儘窪) 石道標(自然石) 高102㎝(うち、台石10㎝),幅52㎝,厚14㎝ 享和2(1802)   伊奈の石仏•石塔(上)
p159
移設 (正面右下隅)「右、まみあな/はなり/ひのさわ、道」、(同左下隅)「左 やたべ道」/正面中央に「(梵字)二十三夜供養塔」と陰刻 2
  狸穴の題目塔道標 まみあな つくばみらい市 (長作) 石道標(尖頭角柱) 高96㎝(うち、台石21㎝),30㎝角 文化3(1806)   伊奈の石仏•石塔(上)
p169
原位置? (正面右下隅)「向 いたばし」、(同左下隅)「向 戸がしら」、(右面)「右 まみあな村」、(左面)「左、はなり/ひのさハ/土うら、道」/正面中央に「(梵字)二十三夜塔」と陰刻 1
  大和田の供養塔道標 おおわだ つくばみらい市 (シトミ窪) 石道標 高84㎝(うち、台石20㎝),幅28㎝,厚18㎝ 文化3(1806)   伊奈の石仏•石塔(上)
p178-9
原位置? (正面右下隅)「向 やたべ つくば」、(右面)「右 いたばし とがしら」、(左面)「左 あたか とりて」/正面中央に「(梵字)二十三夜供養塔」と陰刻 1
  狸穴の供養塔道標 まみあな つくばみらい市 (西境前) 石道標(尖頭角柱) 高78㎝(うち、台石7㎝),幅29㎝,厚19㎝ 文化14(1806)   伊奈の石仏•石塔(上)
p160
原位置? (正面左端)「向 はなれ ひのさわ道」、(右面)「右ハ いたはし 戸がしら道」、(左面)「左ハ あたか さんのう道」/正面中央に「十九夜供養塔」と陰刻 1
  高岡の馬頭観音道標1 たかおか つくばみらい市 (畔橋) 石道標(駒型) 高92㎝,幅34㎝,厚22㎝ 文化10(1813)   伊奈の石仏•石塔(上)
p147
移設/設置環境不良 (右面)「右ハ、おばり/いたばし」、(左面)「左ハ、まみあな/あたか」/正面に「(梵字)馬頭觀世音」と陰刻 3
  野堀の供養塔道標2 のぼり つくばみらい市 (原山) 石道標 高108㎝(うち、台石15㎝),幅44㎝,厚30㎝ 文政10(1827)   伊奈の石仏•石塔(上)
p181-2
原位置? (正面頂部)「南」、(同左下隅)「あだか あばみち」、(右面)「東、ひのさわ/つちうら、道」、(左面)「西、いたばし/みつかへどう、道」、(裏面)「北、やたべ/つくば、道」/正面中央に「奉待十九夜供養」と陰刻 1
  小張の題目塔道標 おばり つくばみらい市 (西耕地) 石道標(尖頭角柱) 高109㎝(うち、台石2段34㎝),幅30㎝,厚28㎝ 文政11(1828)   伊奈の石仏•石塔(上)
p236
原位置? (右面左)「右ハ 山ミち」、(左面)「左、ふくをか/をらい、ミち」、(台石正面)「南、さんわう/とりて」/正面に「(梵字)二十三夜塔」と陰刻 1
  福原の題目塔道標 ふくはら つくばみらい市 (福原) 石道標 高145㎝,幅40㎝,厚23㎝ 文政11(1828)   伊奈の石仏•石塔(下)
p221
移設 (正面最下部)「山王/江戸/みつかいどう、道」、(右面上部)「右、りやうがさき/あば」、(左面下部)「左、いたばし/つくば」/正面頂部に“日月”の陽刻、その下に「二十三夜塔」の陰刻 2
  青木の馬頭観音道標 あおき つくばみらい市 (青木) 石道標 高60㎝,幅32㎝,厚22㎝ 天保5(1834)   伊奈の石仏•石塔(下)
p46
原位置? (正面左)「南ハ さんわう とりて」、(右面)「東ハ、をばり やたべ/つくば」、(左)「西ハ、もりや/江戸」、(裏面)「北ハ、みつかいたう/しもつま」/正面中央に「馬頭観世音」と陰刻 1 -
  板橋の道祖神道標 いたばし つくばみらい市 (東街道) 石道標(笠付き) 高59㎝(うち、台石11㎝),幅42㎝,厚26㎝ 天保6(1835)   伊奈の石仏•石塔(上)
p113
移設 (台石正面右)「右ハ/あたか/のほり」、(同左)「左ハ/はなり/ひのさハ」/正面に「道祖神」と陰刻/石祠型 2 -
  戸茂の供養塔道標 とも つくばみらい市 戸茂共同墓地(裏耕地) 石道標(駒型) 高133㎝,幅40㎝,厚25㎝ 天保10(1839)   伊奈の石仏•石塔(下)
p260
移設(墓地) (正面右下隅)「足高」、(同左下隅)「龍ケ崎」、(右面)「左 谷田部 真瀬/右 のぼり 岩崎」、(左面)「左 山王 戸頭/板橋 水海道」/正面を枠だけ残して浅く削り込み「二十三夜供養塔」と陰刻 3
  戸茂の馬頭観音道標 とも つくばみらい市 (表耕地) 石道標(尖頭角柱) 高80㎝,幅23㎝,厚15㎝ 天保14(1843)   伊奈の石仏•石塔(下)
p259
原位置? (右面)「右、江戸/戸」、(左面)「左面」「左、さんわう/とりで」/正面に「馬頭観世音」と陰刻 1
  小張の馬頭観音道標 おばり つくばみらい市 (西耕地) 石道標(尖頭角柱) 高81㎝(うち、台石12㎝),幅29㎝,厚26㎝ 嘉永4(1851)   伊奈の石仏•石塔(上)
p246
原位置? (正面左)「守や 江戸道」、(右面)「いたばし/した、道」、(左面)「やたべ 土うら/ませ つくば」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 1
  山谷の馬頭観音道標 さんや つくばみらい市 山谷公民館(内郷) 石道標(駒型) 高77㎝(うち、台石15㎝),幅25㎝,厚18㎝ 安政2(1855)   伊奈の石仏•石塔(下)
p168-9
移設、集約 (右面右)「右、いたばし 一り/やたべみち 二り」、(同左)「左 土浦 六り」、(左面)「南、むぢなぶち 十町/とかしらみち/江戸 十二り」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 2 -
  善助神田の馬頭観音道標 ぜんすけしんでん つくばみらい市 (善助神田) 石道標 高87㎝,幅40㎝,厚23㎝ 安政3(1856)   伊奈の石仏•石塔(上)
p232
原位置? (右面)「右ハ、をばり/もりや/江戸海とう」、(左面)「左ハ、いたはし/さんのう、ミち」/正面を駒型に浅く削り込み「馬頭觀世音」と陰刻 1
  高岡の馬頭観音道標2 たかおか つくばみらい市 (中島) 石道標(尖頭角柱) 高65㎝,幅26㎝,厚17㎝ 安政7(1860)   伊奈の石仏•石塔(上)
p149
移設 (右面)「右、やたべ/つくば、道」、(左面)「左、みつかいどう/いしげ、道」/正面に「(梵字)馬頭觀世音」と陰刻 2 -
  東栗山の題目塔道標 ひがしくりやま つくばみらい市 (輪名崎) 石道標(尖頭角柱) 高115㎝,幅39㎝,厚26㎝ 文久元(1861)   伊奈の石仏•石塔(上)
p35
移設 (正面右)「りうかさき」、(同左)「あんバ」、(右面)「右、いたはし/水海道」、(左面)「左、栗山観音/山王/かしら」/正面中央に「(梵字)二十三夜塔」と陰刻 2
  谷井田の道標 やいた つくばみらい市 (内郷) 石道標 高68㎝,幅38㎝,厚20㎝ 文久元(1861)   伊奈の石仏•石塔(下)
p145
原位置? (正面)「右 大師道」 1 -
  長渡呂の馬頭観音道標 ながとろ つくばみらい市 (長兵衛前) 石道標(駒型) 高83㎝,幅37㎝,厚24㎝ 文久2(1862)   伊奈の石仏•石塔(下)
p51-52
原位置? (正面右)「さん王 りうが□き」、(同左)「とりて ふかわ なりた」、(右面)「右、水海道 いしげ/下つま ゆうき」、(左面)「左、青木渡場 もりや/のだ いわへ せきやど」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 1
  小張の如意輪観音像道標 おばり つくばみらい市 (西耕地) 石道標(尖頭角柱) 高65㎝,幅20㎝,厚17㎝ 文久2(1862)   伊奈の石仏•石塔(上)
p246
移設/祠内 (台石右面)「福岡」、(台石左面)「水海道/岩井」/正面上部に如意輪観音の小さな半跏坐像を陽刻、その下に「十九夜塔」と陰刻 2
  狸渕の馬頭観音道標 むじなぶち つくばみらい市 (中堤下) 石道標(駒型) 高74㎝,幅22㎝,厚15㎝ 文久3(1863)   伊奈の石仏•石塔(下)
p84
原位置? (右面)「小張道」、(左面)「水海道道」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 1 -
  谷井田の題目塔道標 やいた つくばみらい市   石道標(駒型) 高62㎝,幅28㎝,厚16㎝ 文久4(1864)   伊奈の石仏•石塔(下)
p128
移設 (正面最下部)「いたバし/やたべ/つちうら/りうがさき」、(右面最下部)「ミつかい道/しもつま」、(左面最下部)「とがしら/江戸/さんわう/なりた」/正面上部に「廿三夜塔」と陰刻 2 -
  福岡堰 ふくおか つくばみらい市 小貝川 用水路   寛永2(1625)に山田沼堰→享保7(1722)に福岡堰   WEB 昭和48、三面C護岸改修/水路沿いの長1.8㎞の桜並木(福岡堰さくら公園)も有名 施工:関東郡代・伊奈忠治による関東三大堰の一つ 4
写真 板谷の水戸街道松並木 いたや 土浦市 <水戸街道> 松並木(黒松) 長約1㎞ 江戸期 市史跡 現地解説板 水戸街道中、唯一残存/松は減ったが、両側の盛土がよく残る 通行人を、暑さ・寒さから守るための松 3
写真 板谷一里塚 いたや 土浦市 <水戸街道> 一里塚(2基)   江戸期 市史跡 現地解説板 塚木(榎)が残るが、大きさから見て補植の可能性大 幹線道路の両側に2基残る 1
  荒川沖一里塚 あらかわおき 土浦市・牛久市 <水戸街道> 一里塚(1基)   江戸期 市史跡 WEB(土浦のあれこれ) 西塚のみ現存/形がかなり崩れている上、植栽も不適切 国道を挟んで東側の1基は牛久市に、西側の1基は土浦市に属している/同じ一里塚だが、行政により名称が異なる 4
  真鍋の道標 まなべ 土浦市 土浦市博物館・前
<水戸街道・筑波街道>
石道標(尖頭角柱)   享保17(1732) 市史跡 WEB(土浦のあれこれ) 移設(屋外展示) (正面)「(梵字)右、ふちう/水戸、道」、(左面)「(梵字)左、きよたき/つくば、道」 2
  下高津の道標 しもたかつ 土浦市 <水戸街道・坂東街道> 石道標   享保18(1733) 市史跡 WEB(土浦のあれこれ) 原位置 (正面)「右 江戸道」、(左面)「左、なめ川/阿ば、道」 1 -
  大岩田の題目塔道標 おおいわた 土浦市   石道標   安永4(1775)   WEB(土浦のあれこれ) 原位置? (正面右)「右 安波 なめ川みち」、(同左)「左 さくのみち」/正面中央に
「為善晨法印」と陰刻
1
  手野の道標1 ての 土浦市 国道354号沿い 石道標(尖頭角柱)   天明元(1781)   WEB(土浦のあれこれ) 原位置? (正面)「(梵字)右 とざきむら/中 加も村 うしわた/左、すげのや村中つまぎ/なるい村田ぶせむら」 1
  菅谷の庚申塔道標 すげのや 土浦市 (向原) 石道標(駒型)   天明3(1783)   WEB(土浦のあれこれ) 原位置? (右面下部)「右 つちうら道」、(左面下部)「左 をき志"く道」/正面中央に青面金剛立像(日月、六手剣人、三猿)を陽刻 1
  本郷の供養塔道標 ほんごう 土浦市   石道標(自然石)   天明5(1785)   WEB(土浦のあれこれ) 移設? (正面下部)「右 つくば/左 つちうら、道」/正面上部に「二十三夜供養」と陰刻/下記「本郷の馬頭観音道標」と並ぶ 2
  中村の地蔵道標 なかむら 土浦市 <布施街道> 石道標(舟型)   寛政5(1793)   WEB(土浦のあれこれ) 原位置?/頂部表面が剥離・欠損 (光背右)「右ハ いちのや道」、(同左)「左ハ 里うがさき道」/光背中央の地蔵坐像の陽刻 2
  沢辺の供養塔道標 さわべ 土浦市   石道標   寛政5(1793)   WEB(土浦のあれこれ) 移設?(台石とC接合)/頂部欠損 (正面右)「右 つくば」、(同左)「左 一の谷」/正面中央に「羽黒山 坂東/湯殿山 西國/月山 秩父、霊場巡拝供養」と陰刻 3
  手野の道標2 ての 土浦市 上大津公民館・前 石道標(自然石)   寛政7(1795)   WEB(土浦のあれこれ) 移設 (正面下部右)「右、加も/婦や/加しハざき」、(同左)「左、いセき/いし加王」/正面中央に梵字が3つ大きく陰刻 2
  永井の供養塔道標 ながい 土浦市   石道標(駒型)   寛政8(1796)   WEB(土浦のあれこれ) 移設、集約 (正面右端)「右 きよたき」、(同左端)「左 つくば」/正面に「(梵字)奉納四國西國秩父坂東供養」と陰刻 2
  手野の道標3 ての 土浦市 法光院・門前<鹿島街道> 石道標   享和2(1802)   WEB(土浦のあれこれ) 近接移設(基部露出)? (正面)「法光院」、(左面左)「かしま/なめかた、道」 1
  小野の題目塔道標 おの 土浦市   石道標(自然石)   文化5(1808)   WEB(土浦のあれこれ) 移設/頂部欠損 (正面右)「右 きよたき」、(同左)「左 山向」/正面中央に「十九夜塔」と
陰刻
2 -
  小山崎の題目塔道標 こやまざき 土浦市   石道標(自然石)   文化6(1809)   WEB(土浦のあれこれ) 原位置? (正面右下端)「右 なかぬき」、(同左下隅)「左 いよし」/正面中央に「二十三夜尊」と陰刻 1
  本郷の馬頭観音道標 こやまざき 土浦市   石道標(自然石)   文政11(1828)   WEB(土浦のあれこれ) 移設? (右面下部)「西 つくば/南 つちうら」、(左面下部)「東 ふちう」/正面に「(梵字)馬頭觀世音」と陰刻/上記「本郷の供養塔道標」と並ぶ 2 -
  中高津の馬頭観音道標 なかたかつ 土浦市 国道354号沿い
<布施街道>
石道標(擬宝珠付き)   天保15(1844)   WEB(土浦のあれこれ) 原位置? (右面)「水海道 布施/関宿 流山道」/正面に「馬頭觀世音」と陰刻 1
  大畑の庚申塔道標 おおばたけ 土浦市   石道標(自然石)   嘉永3(1850)   WEB(土浦のあれこれ) 原位置? (正面最下部)「右 つちうら/中 いなよし/左 ふちう」/正面に大きく「庚申」と陰刻 1
  笠師町の馬頭観音道標 かさし 土浦市 中都町農村集落センター 石道標(自然石)   嘉永7(1854)   WEB(土浦のあれこれ) 移設 (正面右下)「右 あわの」、(同左下)「左 小山さき」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 2
  乙戸の題目塔道標 おっと 土浦市 乙戸町児童公民館 石道標(自然石)   万延2(1861)   WEB(土浦のあれこれ) 移設/覆屋内 (正面右)「右 ひのさハ道」、(同左下)「左 大井 牛久道」/正面中央に
「不動尊」と陰刻
3
  手野町の寺院標石群 ての 土浦市   石標石(道標)   享和2(1802)   WEB(土浦のあれこれ)   建立:常福寺住職・法印雄瑞/手野町にある6つの寺すべてに、地蔵菩薩(全部違う)を示す梵字が刻まれ、寺名が刻まれている=道標も兼ねている 2
写真 下高井の大日如来像道標 しもたかい 取手市 高源寺 石道標(駒型) 高60㎝,幅31㎝,
厚21㎝
享保3(1718)   取手市史石造遺物編p189,195/
WEB(鎌倉街道上道)
移設、集約 (正面像下右端)「右ハ 毛り…」、(同左端)「左ハ とが…」/正面上部に大日如来坐像を浮彫 2
写真 台宿の太子像道標 だいしゅく 取手市 不動堂 石道標(隅丸型) 高130㎝(うち、台石29㎝),幅35㎝,
厚23㎝
寛保2(1742)   取手市史石造遺物編p634,637/
WEB(鎌倉街道上道)
移設、集約/磨耗と地衣類で刻字の判読が一部困難 (右面)「右 ふじ志路道」、(左面)「左、ん王/□□や、道」/正面上部を火灯窓風に浅く削り込み聖徳太子立像を陽刻 2
写真 駒場の太子像道標1 こまば 取手市 法海廃寺 石道標(隅丸型) 高139㎝(うち、台石2段42㎝),幅33㎝,厚19.5㎝ 明和元(1764)   取手市史石造遺物編p374,379/
WEB(鎌倉街道上道)
移設、集約 (右面)「右 とりてみち」、(左面)「左 く王んおんみち」/正面を火灯窓型に削り込み聖徳太子立像を陽刻 2
写真 稲の大師像道標1 いな 取手市 観音堂 石道標(丸彫) 高137㎝(うち、台石22㎝),幅37㎝,
厚23.5㎝
明和7(1770)   取手市史石造遺物編p330,331/
WEB(鎌倉街道上道)
移設 (正面像下右)「右ハ とりて道」/正面頂部を大師坐像に丸彫加工(一体構造)、正面像下中央に「奉納西國四國秩父坂東供養塔」と陰刻 2
写真 戸頭の如意輪観音像道標 とがしら 取手市 永蔵寺 石道標(駒型) 高87㎝,幅30㎝,
厚20㎝
安永4(1775)   取手市史石造遺物編p219,223/
WEB(鎌倉街道上道)
移設、集約 (右面下部)「右 いた者"しみち」、(左面下部)「左 もりやみち」/正面下半分に如意輪観音の半跏坐像を浮彫 2
  寺田の題目塔道標 てらだ 取手市 三叉路 石道標 高51㎝,幅26㎝,
厚17㎝
安永7(1778)   取手市史石造遺物編p358   (正面右)「く王んおんみち」、(同左)「とりでみち」、(右面)「もりやみち」、(左面)「はくさん/江戸、みち」/正面中央に「(梵字)千本建立」と陰刻   -
  米ノ井の馬頭観音道標 こめのい 取手市 神明神社 石道標(駒型) 高101㎝(うち、台石14㎝),幅40㎝,
厚20㎝
安永10(1781)   取手市史石造遺物編p263,270 移設、集約 (右面)「江戸みち」/正面中央頂部に小さな馬頭冠の浮彫、その下に各菩薩を表す7つの梵字が横一列に並ぶ 2
写真 稲の大師像道標2 いな 取手市 五叉路 石道標(隅丸型) 高89㎝,幅33㎝,
厚20㎝
天明2(1782)   取手市史石造遺物編p343/
WEB(鎌倉街道上道)
移設、集約 (正面像下最下部)「もりや道」、(右面)「右 とりて こん飛ら道」、(左面)「左 寺田札所道」/正面頂部に小さな大師坐像を浮彫 2
写真 駒場の太子像道標2 こまば 取手市 法海廃寺 石道標(駒型) 高103㎝,幅37㎝,厚20㎝ 寛政9(1797)   取手市史石造遺物編p373/
WEB(鎌倉街道上道)
移設、集約 (正面像下)「右 山王/向 取手道/左 守谷」/正面上部に聖徳太子立像を陽刻 3
写真 和田の地蔵道標 わだ 取手市 蛟魍神社・入口 石道標(駒型) 高98㎝(うち、台石8㎝),幅36㎝,
厚20㎝
寛政12(1800)   ふじしろの石仏p41,95
/WEB(鎌倉街道上道)
移設? (正面像下)「向 ふじ志路」、(右面下部)「右 とかしら道」、(左面下部)「左 とりて道」/正面上半分に地蔵立像を陽刻 2
写真 下高井の馬頭観音道標1 しもたかい 取手市 高源寺 石道標 高64㎝,幅27㎝,
厚21㎝
享和3(1803)   取手市史石造遺物編p189,194/
WEB(鎌倉街道上道)
移設、集約 (右面)「右、江戸/と可”しら」、(左面)「左、のゝ井/白山」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 2 -
  吉田の題目塔道標 よしだ 取手市 本泉寺 石道標(尖頭角柱) 高73㎝(うち、台石10㎝),幅28㎝,
厚18㎝
文化4(1807)   取手市史石造遺物編p514,518 移設 (正面右)「右 地蔵堂札所ミち」、(同左)「左 八幡宮札所みち」/正面中央に「(梵字)三界萬霊」と陰刻 2 -
  小堀の供養塔道標 おおほり 取手市 三叉路 石道標(尖頭角柱) 高75㎝,幅28㎝,
厚27㎝
文化6(1809)   取手市史石造遺物編p542 原位置? (右面)「…田みち」、(左面)「とりでみち」/正面に「(梵字3)奉納西國秩父坂東供養塔」と陰刻 1 -
写真 井野台の太子像道標 いのだい 取手市 一乗院 石道標(隅丸型) 高110㎝(うち、台石26㎝),幅42㎝,
厚27㎝
文化7(1810)   取手市史石造遺物編p434,435/
WEB(鎌倉街道上道)
移設、集約/磨耗と地衣類で刻字の判読が困難 (台石正面右端)「向/阿ミ多」、(同左端)「南/取手」、(台石右面右端)「東 八□□/一条院」、(同左端)「ふじ志ろ」、(台石左面右端)「西/りや道、(同左端)「北 くん」/正面上部を隅丸型に浅く削り込み聖徳太子立像を陽刻 2
写真 下高井の馬頭観音道標2 しもたかい 取手市 高源寺 石道標(隅丸型) 高59㎝,幅26.5㎝,厚16㎝ 元治元(1864)   取手市史石造遺物編p189,194/
WEB(鎌倉街道上道)
移設、集約 (左面)「のゝ井/とりで」/正面を枠だけ残して浅く削り込み、中央に「馬頭觀世音」と陰刻 2 -
写真 小泉の道標 こいずみ 取手市 <水戸街道> 石道標 高135㎝,幅40㎝,厚30㎝ 江戸期   ふじしろの石仏p41/WEB(鎌倉街道上道) 原位置? (正面)「来應寺 七丁」、(右面)「水戸 十八里」、(左面)「江戸 十一里」/「江戸」の標記は江戸期 1
  青柳の石橋供養塔 あおやなぎ 取手市 本願寺 石碑 高59㎝,幅23㎝,
厚12㎝
嘉永7(1854)   取手市史石造遺物編p503,507 移設、集約/頂部一部欠損 (正面)「石橋供養塔」 3 -
写真 和田の敷石供養塔 わだ 取手市 蛟魍神社・参道敷石脇 石碑 高90㎝(うち、台石20㎝),幅33.5㎝,
厚33㎝
天保13(1842)   ふじしろの石仏p40,95
/WEB(鎌倉街道上道)
原位置 (正面中央)「敷石供養塔」 1
  菅谷の馬頭観音道標 すがや 那珂市 <棚倉街道> 石道標(自然石) 高80㎝ 文久元(1861)   市教委   (正面右)「右 たびこみなと」、(同左)「左 むらまつ」/正面中央に大きく「馬頭觀世音」と陰刻 3 -
  岩崎江 いわざき 那珂市・
常陸大宮市
久慈川 用水路 長22.2㎞ 承応元(1652)?   常陸大宮市教育委員会(水戸藩利水史料集p65-73) 護岸C改修/取水堰近くに100mほどオリジナルのまま非現役で残っている部分がある(やや埋没) 永田茂衛門・勘衛門父子が辰ノ口用水に次いで開設/竣工年は諸説(一番多いのが承応元) 4
  小場江 おば 那珂市・常陸大宮市・水戸市・ひたちなか市 那珂川 用水路 長27.4㎞ 明暦2(1656)   常陸大宮市教育委員会(水戸藩利水史料集p74-80) 護岸C改修 永田勘衛門が開設したとの説もあるが確証はない/3用水の中で最も長い(灌漑効率が最も良い場所から造っていったため) 4
写真 高須堤防 たかす 行方市 梶無川 土堤防   文政5(1822)   市教委(玉造町史p340)/木谷幹一 天端が道路になっているが、現役堤防ではないため雰囲気が残る 「玉造アカ」と呼ばれる洪水常襲地域を救い、生産を安定させるため、玉造村の庄屋・白井小衛門が私財千両を投じ、3年の歳月をかけて築いた堤防/文政3着工(文化3との説も)なので、竣工は文化5? 2
写真 高須築堤回向の碑 たかす、
えこう
行方市 (玉造甲) 石碑 高140.5㎝(塔身のみ),幅45.5㎝,厚29.5㎝ 文政9(1826)   市教委(玉造史叢23p44-45)/木谷幹一 原位置/天端が道路化した堤防のすぐ前に建つ (正面)「南郡之郷瀕湖有村 曰玉造村籍田三千石 率属卑湿之地 是以禾稼動為水損者/十而八九焉 村長白井小衛門 為築長堤数里 以正溝洫若旱若汰預備不虞者 凢/三閲歳而成 盖至其用力之勤 役々以廃寝食 則禹所云禿睡九年之役何以過是/又顧焉知後百載而無復有杞人之憂 於是効彼福原築經島之故事 募家人聚石 書/寫法華經一部四七品都計六万九千零九百四十二言 擇地埋之土塁石五六尺以禁里/人樵牧 且碑之以回向焉 乃請貧道一語 以銘焉 惟此經也 諸佛出世之本致/而弘通之盛 利益之大 固亡論于為倹歳之梁肉 寒年之繊纊也 豈不文貧道者所/能形容其萬一耶 經云聚砂為塔尚成佛 况書寫之福 夫可量哉 當知此典既不可/思議 則功德亦不可稱量也 幾國泰年登 上以答四恩下以資三有 及法界含識/同開佛知見 豈翅一小堤不騫不崩以致旡窮而己哉 銘曰/白井門幹 斯為里正 至心発願 法華成 深固而密/幽遠而亨 竪窮三際 横亘八絋 開權顯實 破塵出經/一部八軸 六萬餘石 一字之妙 海若有臝 一毫之善/空界未央 一字一石 一々光明 昏衢燈燭 旱天雷霆/國家柱礎 造化權衡 風調雨順 天清地寧 開示六趣/悟入四生 見聞信毀 均到覺域/旹文政九年丙戌秋八月 見住東漸宗滴杜多書 白井門幹立」(緑字は異体字) 1
  玉清井 たまきよ 行方市   湧水   養老5(721)以前?   WEB コンクリート化 『上陸風土記』によれば、倭武(ヤマトタケル)尊が東方征討の途中、水をすくおうとし、誤って曲玉を水中に落としてしまったとの伝承 4
写真 延命寺の太鼓橋 えんめい 坂東市 延命寺 石桁橋 長5.02m(G) 江戸中期以降? 市重文 市教委/WEB 平成5に一部補修 隣接する山門が文安2(1445)の創建時のものなので、橋も同年とされているようだが、当初は木橋だった可能性も高く、形態的にも石材の劣化程度からも江戸中期以降としか思えない/石梁の上に石材を積み増しして太鼓型に仕上げている/擬宝珠付き高欄 2
写真 小山の馬頭観音道標 おやま 坂東市 三叉路・脇 石道標(板碑型) 高111㎝(うち、台石15㎝),幅35㎝,厚19㎝ 宝暦13(1763)   WEB(鎌倉街道上道) 移設 (正面右下)「下 木於路しミち」(=木下)、(正面左下)「… せきやとみち」/正面に「(梵字)奉造立馬頭觀世音」と陰刻 2
写真 岩井の庚申塔道標 いわい 坂東市 国道354号・県道岩井中里線の交差点 石道標 高102㎝(うち、台石2段34㎝),幅34㎝,厚33㎝ 安政2(1855)   岩井水海道守谷の道しるべp5/
WEB(鎌倉街道上道)
移設/簡易屋根付き (右面)「右ハ、久徒かけ/つく者”」(=沓掛)、(左面)「左ハ、於以ご/丹れ」(=生子,仁連)、(台石正面)「江/戸/道」/正面に「庚申冢」と陰刻 2
  伊師一里塚 いし 日立市 十王坂<岩城相馬街道> 一里塚(1基)   江戸期   WEB 塚木は補植   3
  十王町高原の道標1
(大原道標)
じゅうおう、
たかはら
日立市 十王ダム親水公園 石道標(自然石)   元禄16(1703) 市有形民俗 WEB 十王ダムの建設により移設 (正面)「是より/右 ともべ道/左 とうせんじへ」(=友部、東泉寺) 2
  大みか町の道標
(泉川道標)
おおみか 日立市 (6丁目) 石道標(尖頭角柱)   明和8(1771) 市建造物 WEB 移設→昭和38原位置に再設置(下部の石組みは再設置時のもの) (正面)「従是 泉川道」、(同右端)「此地ミカノ原 水木村へ 十二町」、(同左端)「常陸廿八社之内 天速玉姫神社」 1
  東河内町の道標
(入四間道標)
ひがしごうど 日立市 国道349号と県道36号の分岐点 石道標(自然石) 高170㎝ 安永4(1775) 市建造物 WEB 原位置? (正面)「入四間道」 1
  十王町高原の道標2
(黒田入口道標)
じゅうおう、
たかはら
日立市   石道標(自然石)   江戸期 市有形民俗 WEB C基礎上→移設? (正面)「右 小里/左 入四間、道」/信州の高遠石工の作 2 -
写真 助川海防城・跡 すけがわ 日立市 <水戸藩> 城郭 面積68万㎡ 天保7(1836) 県史跡 WEB 遺構として残るのは本丸表門の礎石の一部と、二の丸の鳩石のみ 水戸藩第9代藩主・徳川斉昭が家老の山野辺義観に命じて助川村の高台に造らせた城郭で、異国船の侵入に備えたもの/台場と違い大砲はなく、三の丸、二の丸、本丸を有する城郭(本丸には見張り櫓もあった) 4
  初崎台場・跡 はつざき 日立市 <水戸藩> 土塁 「コ」の字型土塁,高1m(2ヶ所) 嘉永6(1853)頃   市教委/台場事典p151   北西側は土塁が残り、南側は民家と畑となっている 4
  辰ノ口用水 たつのくち 常陸太田市・
常陸大宮市
久慈川 用水路 長15.2㎞ 慶安2(1649)   常陸大宮市教育委員会(水戸藩利水史料集p43-64) 護岸C改修 畑地を水田に替えるため、藩命により、金山開発者の永田茂衛門・勘衛門父子が開設 4
  東染の郷倉 ひがしぞめ 常陸太田市   郷倉(萱葺)   天保13(1842) 市建造物 WEB 全体に屋根を架けて保存   2
写真 山寺水道 やまでら 常陸太田市   トンネル式水道 長約2㎞,高1.6m,幅約1.3m 寛文8(1668) 県史跡 市教委/WEB 保存状態良好
(内部見学は許可制)
光圀の命により、永田勘衛門(円水)が施工(笠原水道と同じ)/天神林・稲木の台地の地下水を水源とし、トンネル式水路で、旧久昌寺跡の井戸と宮ケ作集落の井戸に給水した(最上流部でどうやって集水したかは未調査で不明だが、岩に溝状の水路をうがったのではという説がある 2
  長倉の道標 ながくら 常陸大宮市 (館本) 石道標 高75㎝,幅40㎝ 元禄12(1699)   市教委(ふるさとの民俗p83) 移設 (正面)「是より、右 とりのこ/左 からす山、道」/17世紀の道標 2
  三美の廻国塔道標 みよし 常陸大宮市 (八幡) 石道標 高76㎝,幅45㎝,厚48㎝ 宝暦14(1764)   市教委(おおみやの野仏とその祈りp251) 原位置? (正面右下)「右 しず村枩道 三美村」、(同左下)「左 太田 いわき道 慈眼寺」、(左面右下)「佐竹へ 四り」、(同左下)「石沢へ 一り半」/正面中央に「當國三十二番札処」と陰刻/裏面に「牛銀之牛石」と陰刻、さらに牛の線刻あり 1
  舟生の供養塔道標 ふにゅう 常陸大宮市 (関沢) 石道標(自然石) 高111㎝,幅92㎝,厚17㎝ 安永4(1775)   市教委(山方の石仏石塔p65) 原位置? (正面右下)「右 □□みち」、(同左下)「左 下ひざわ道」/正面中央に「(梵字)奉供養寒念佛二世安樂所」と陰刻 1
  小野の題目塔道標 おの 常陸大宮市 (天神前) 石道標 高105㎝,幅96㎝,厚33㎝ 天明元(1781)   市教委(おおみやの野仏とその祈りp29) 原位置? (正面右下端)「右 八田道」、(同左下端)「左、東乃山方/野口 長くら、道」/正面中央に「(梵字)南無觀世音大士」と陰刻 1
  家和楽の題目塔道標 やわら 常陸大宮市 (梶畑)堀切峠 石道標(自然石) 高70㎝,幅69㎝,厚14㎝ 寛政7(1795)   市教委(山方の石仏石塔p171) 移設 (正面下部右)「右 山方」、(同左)「左 金砂 諸沢道」/正面中央に「(梵字)二十三夜塔」と陰刻 2 -
  西野内の道祖神道標 にしのうち 常陸大宮市 (櫃沢) 石道標(駒型) 高51㎝,幅20㎝,厚14㎝ 文化13(1816)   市教委(山方の石仏石塔p112) 原位置? (正面下部右)「右 おしぬま」、(同左)「左 やま□□」/正面中央に「道祖神」と陰刻 1 -
  諸沢の道祖神道標 もろざわ 常陸大宮市 (四区・松内) 石道標(尖頭角柱) 高55㎝,幅20㎝,厚13㎝ 文政5(1822)   市教委(山方の石仏石塔p141) 原位置? (正面下部右)「右 かみミやとしか津」、(同左)「左 かなさけがの」/正面中央に「道祖神」と陰刻/左面「まよいぢを/よけさせたまえ 道の神」の句が刻字 1 -
  若林の題目塔道標 わかばやし 常陸大宮市 (三蔵ラント山) 石道標 高83㎝,幅34㎝,厚13㎝ 天保7(1836)   市教委(おおみやの野仏とその祈りp169) 原位置? (裏面)「従是、右 おの いしつか/左 おはとむら、道」/正面中央に「(梵字)二十三夜塔」と陰刻 1
  諸沢の馬頭観音道標 もろざわ 常陸大宮市 (五区・高間草) 石道標(自然石) 高150㎝,幅72㎝,厚14㎝ 天保9(1838)   市教委(山方の石仏石塔p143) 原位置? (正面下部右)「右 たきう道」、(同左)「左 ゆさわ道」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 1
  大岩の道標 おおいわ 常陸大宮市 (下郷熊久保) 石道標(自然石) 高80㎝,幅43㎝ 天保12(1841)   市教委(ふるさとの野仏たちp31・49) 中央で水平に折損→非修復、非建立 (正面)「右 小た能 大ご/左 とりのこ ばとう」(=小野田、大子、鷲子) 3 -
  若林の馬頭観音道標 わかばやし 常陸大宮市 若林町営牧場 石道標 高60㎝,幅21㎝,厚13㎝ 嘉永元(1848)   市教委(おおみやの野仏とその祈りp182) 原位置? (正面右下)「右 大宮 太田みち」、(同左下)「左 □□山方」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 1 -
  西野内の馬頭観音道標 にしのうち 常陸大宮市 (古館)<犬吠道> 石道標(駒型) 高58㎝,幅22㎝,厚14㎝ 慶応元(1865)   市教委(山方の石仏石塔p112) 原位置? (正面右)「右ハ かなさ山」、(同左)「左ハ もろさわ」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 1 -
  上村田の道標 かみむらた 常陸大宮市 (清水) 石道標 高66㎝,幅32㎝,厚12㎝ 江戸期   市教委(おおみやの野仏とその祈りp252) 原位置? (正面)「従是、右 をは いつしか/左 玉川、道」 1 -
  三美の題目塔道標 みよし 常陸大宮市 (田倉) 石道標 高50㎝,幅32㎝,厚10㎝ 江戸期   市教委(おおみやの野仏とその祈りp252) 原位置? (正面下部)「右 水戸 村松/左 卩垂 大田、海道」/正面上部に「山神」と陰刻 1 -
  辰ノ口用水 たつのくち 常陸大宮市・
常陸太田市
久慈川 用水路 長15.2㎞ 慶安2(1649)   市教委(水戸藩利水史料集p43-64) 護岸C改修 畑地を水田に替えるため、藩命により、金山開発者の永田茂衛門・勘衛門父子が開設 4
  岩崎江 いわざき 常陸大宮市・
那珂市
久慈川 用水路 長22.2㎞ 承応元(1652)?   市教委(水戸藩利水史料集p65-73) 護岸C改修/取水堰近くに100mほどオリジナルのまま非現役で残っている部分がある(やや埋没) 永田茂衛門・勘衛門父子が辰ノ口用水に次いで開設/竣工年は諸説(一番多いのが承応元) 3-4
  小場江 おば 常陸大宮市・水戸市・那珂市・ひたちなか市 那珂川 用水路 長27.4㎞ 明暦2(1656)   市教委(水戸藩利水史料集p74-80) 護岸C改修 永田勘衛門が開設したとの説もあるが確証はない/3用水の中で最も長い(灌漑効率が最も良い場所から造っていったため) 4
  諸沢の火打ち石採掘坑・跡 もろざわ 常陸大宮市   坑道 3ヶ所 江戸期~昭和30   市教委 近世から採掘が行われているが、現存するものが、いつ掘られたかは不明 水戸藩により採掘が行われる 3
  下檜沢の金採掘坑・跡 しもひざわ 常陸大宮市 (熊久保) 坑道 数ヶ所 天正19(1591)以降   市教委 同上 佐竹義宣により採掘/秀吉の直轄領になってからは、預け置く形に移行され秀吉は運上金を課していた 3
写真 久慈川の水害防備林 くじ 常陸大宮市 久慈川 水害防備林(竹林) 長約2.5㎞ 文久2(1862)~   市教委 防備林の竹を伐採・売却して収入を得ていたが、昭和62(1862)を最後に、伐採などの管理はされていない 度重なる久慈川の大洪水を受け、沿岸に竹を植えることで低水河岸の防護、堤防への水当たりの減勢、氾濫原への土砂流入の抑制を目的に始めた 2
  小場江 おば ひたちなか市・常陸大宮市・水戸市・那珂市 那珂川 用水路 長27.4㎞ 明暦2(1656)   常陸大宮市教育委員会(水戸藩利水史料集p74-80) 護岸C改修 永田勘衛門が開設したとの説もあるが確証はない/3用水の中で最も長い(灌漑効率が最も良い場所から造っていったため) 4
写真 那珂湊反射炉・跡 なかみなと ひたちなか市 あづまが丘公園
<水戸藩営大砲鋳造所>
反射炉(耐火煉瓦製の煙突)(2基) 高約15m 安政2(1855) 1号炉
安政4(1857) 2号炉
県史跡 市教委/WEB 元治元(1864)の甲子の乱で破壊、昭和12復元 水戸藩第9代藩主・徳川斉昭が、海岸防備用のための大砲鋳造を目的に築いた製鉄炉/①佐賀藩から反射炉の技術を導入した薩摩藩から藩士・竹下清右衛門、②西洋の製鉄技術の知識があり、後に日本初の高炉の築造に成功することになる盛岡藩士・大島惣左衛門(後の高任)の、2人を招く/20数門の大砲を鋳造→砂鉄を原料としたため低効率(1号炉の鋳込み(1856)で判明)→大島による日本初の大橋高炉築造(1857)の動機付けになった 2
写真 紅葉の勘十郎堀
(紅葉運河)
もみじ、かんじゅうろう 鉾田市・
(東茨城)茨城町
鉾田町紅葉
~茨城町海老沢
運河 長約7㎞ 宝永6(1709)中断   市教委/WEB 保存状態が、3市町の中で最良/水田として利用/堀沿いに盛土の痕跡 水戸藩3代藩主・徳川綱条は、宝永3(1706)、美濃国出身の松波勘十郎を二百人扶持の御客分として登用し藩の財政再建を任せ、かつ、寛文7(1667)以来、数回にわたり計画・中断していた運河建設を再開させる→財政再建は、高岡藩・大多喜藩・郡山藩・三次藩などで成功した方法を応用し、人員削減、冗費節減、年貢増、御用金賦課などを実施→運河は、水戸藩をはじめ東北諸藩の年貢米や物資を、那珂川・北浦などを経て江戸へ運ぶ内陸水路を造ることで藩の財政立て直しを目指したものだったが、土質がもろく工事が難航した上、2年で延べ130万人動員した百姓を酷使したため大規模な農民一揆を引き起こし、工事は中断、勘十郎は解任・投獄され獄死した 2 写真
  赤法花一里塚 あかぼっけ 守谷市 <笠間街道> 一里塚(1基)   文政8(1825)以前 市史跡 WEB 雑木が茂っている 塚上に、庚申塔ほか数基の石造物が建立されており、そのため庚申塚とも称される 3
写真 立沢の地蔵(?)道標 たつざわ 守谷市 香取神社 石道標(尖頭角柱) 高89㎝(うち、台石10㎝),幅33㎝,厚23㎝ 宝暦11(1761)   常総の古道と守谷の道しるべp159/
WEB(鎌倉街道上道)
移設 (正面像下)「南 のきさきゟ 江戸道」、(右面)「東 もり谷より さくら道」、(左面)「西 い王いゟ せき宿道」、(裏面)「北 みつかいとうゟ つくは道」/正面頂部に地蔵(?)坐像(蓮台)の浮彫 2
  板戸井の馬頭観音道標 いたとい 守谷市   石道標(隅丸型) 高98㎝,幅41㎝,
厚24㎝
寛政7(1795)   守谷の石造物p53 原位置? (右面)「右 たつさわ/左 おこき、村道」、(左面)「右 水かいどう/左 かなこうち、道」/正面中央に「奉造馬頭観世音菩薩」と陰刻 1
  中央の馬頭観音道標 ちゅうおう 守谷市   石道標(隅丸型) 高71㎝,幅37㎝,
厚23㎝
文政7(1824)   守谷の石造物p302 原位置?/下部埋設 (右面)「右 守谷」、(左面)「左 野木崎」/正面を隅丸型に浅く削り込み「(梵字)馬頭観世音供養塔」と陰刻 1 -
写真 立沢の大黒天像道標 たつざわ 守谷市 香取神社 石道標(丸彫) 高132㎝(うち、像高35㎝、台石9㎝),
幅31㎝,厚19.5㎝
文政13(1830)   守谷の石造物p92/WEB(鎌倉街道上道) 移設、集約 (正面)「三つかい道/つ久者"」(=筑波)、(右面)「奈かれ山/江戸」(=流山)、(左面)「もりや/とりで」/塔身上に大黒天坐像の丸彫を載せる 2
写真 立沢の庚申塔道標 たつざわ 守谷市 香取神社 石道標(尖頭角柱) 高158㎝(うち、台石35㎝),幅44.5㎝,
厚42㎝
弘化5(1848)   守谷の石造物p95/WEB(鎌倉街道上道) 移設 (台石正面)「南、奈可”れ山/江戸、道」(=流山)、(台石右面)「東、もりや/とりで、道」、(台石左面)「西、い王井/せきやど、…」、(裏面)「北、みつかいどう/徒久バ、…」(=筑波)/正面に「庚申塔」と大きく陰刻、その下に“三猿”の線刻 2
  がまんの渡し・跡   守谷市 常総運動公園 渡し場   元和元(1615)   WEB 場所が特定されている程度 家康が鷹狩りに来た際、大雨のため利根川が洪水となり船を渡すのが困難な状態となったが、舟夫にガマンして渡してくれと頼んで川を渡った故事に由来 5
写真 結城の常夜灯1
(追分道標石燈籠)
ゆうき 結城市 (木町)多聞寺・門前右 石常夜灯
(道標兼、花崗岩)
高2.8m 天保11(1840) 市有形 市教委/WEB 原位置(写真右) (上段台石正面右)「左/さかい」、(同左)「右/小山」/下記「結城の常夜灯2」と一対 1
写真 結城の常夜灯2
(追分道標石燈籠)
ゆうき 結城市 (木町)多聞寺・門前左 石常夜灯
(道標兼、花崗岩)
高2.8m 嘉永3(1850) 市有形 市教委/WEB 原位置(写真左) (上段台石正面)「向/水戸/海道」/上記「結城の常夜灯1」と一対 1
写真 結城御朱印堀・跡 ゆうき、
ごしゅいん
結城市 孝顕寺・光福寺
<結城城下を囲む>
堀内部の広さ約16ha,堀幅7-8m,深2-3m「 慶長3(1598) 県史跡 市教委/WEB 堀は埋設され、「かつては堀だった」イメージもない 結城秀康として結城家の家督を継いだ徳川家康の次男が新たに建設した城下町の周囲にめぐらせた堀→御朱印堀で囲まれた新城下町は「地子御免」とされた(固定資産税を免除)→結城秀康が越前北ノ庄に国替えになった後は幕府の直轄領となったが、特権は慣例的に受け継がれた→元禄5(1692)に代官・間瀬吉太夫が正式に承認→その背景には町人達の努力で結城が交通の要として発達してきたという業績があった 5 写真
写真 富士浅間神社の太鼓橋 ふじせんげん 龍ケ崎市 富士浅間神社 石桁橋(太鼓型) (2G) 明和7(1770)   神様の渡る橋p8,17/WEB(宮様の石橋) 周囲を木柵で囲む/橋面石材に一部間隙/鉄材で部分補強 2本の円柱橋脚上に横桁を置き、その上に円弧状の石梁を載せ、橋面石を並べるタイプ/高欄に格座間型の開口部 3
写真 若柴町の道標 わかしば 龍ケ崎市 馴柴小学校・北東隅の三叉路<水戸街道> 石道標 高191㎝(うち台石27㎝),幅39㎝,厚29㎝ 文政9(1826) 市史跡 WEB(鎌倉街道上道)/現地解説板 原位置/刻字の磨耗が進み、裏目の刻字は判読不能 (正面)「水戸 十六里」、(右面)「江戸 十三里」、(左面)「布川 三里」/裏面には、「この若柴駅街道の碑は文政九年十二月に建立した。三叉路で旅人が迷い易いので、若柴駅の老人が相謀り、普門品一巻を読誦する毎に一文ずつ供えて積み立てた(意訳)」と記されている 1
写真 愛宕神社下の庚申塔道標 あたご 龍ケ崎市 愛宕神社・参道入口 石道標(駒型) 高65㎝,幅23㎝,厚14㎝ 天保7(1836)   市歴史民俗資料館 移設 (正面最下部右)「里う…」(=龍ケ崎)、(同左)「ふ…」、(右面)「北、お可み つちうら/やたべ 徒くば、田町」、(左面上)「東」、(同最下部)「者ばら/正じき」/正面に「青面金剛」と陰刻 2 -
写真 阿見の供養塔道標
(牛久助郷一揆道標)
あみ (稲敷)阿見町 阿見一区南交差点
<水戸街道>
石道標 高86㎝,幅36㎝,厚36㎝ 文政6(1823) 町史跡 WEB(鎌倉街道上道)/現地解説板 移設?/木造銅板瓦葺の立派な祠内/刻字が磨耗し判読困難(刻字は解説板に従う) (正面)「南、じつこく/こいけ/おかみ/りうがさき」、(右面)「東、左 あみがし/右 あみむら」、(左面)「西、あら川/ほんがふ/ひのさわ/大わだ/うし久」、(裏面)「北、みぎもみ/つちうら/つくば」/文化元(1804)に起きた牛久助郷一揆の一揆指導者3名の戒名を刻んだ供養碑を兼ねる 2
  藤蔵河岸の金毘羅常夜灯 とうぞう (稲敷)河内町 利根川 石常夜灯
(河川舟運)
高3.3m 天保10(1838) 町史跡 町教委/WEB 利根川の大改修に伴い、慶応4(1868)、明治21(1888)に移築 (竿正面)「象頭山」/藤蔵河岸は仙台領龍ケ崎や河内地方の天領・旗本知行地の年貢米や諸物資を江戸へ輸送し、幕末最盛期には毎日3・40
艘の高瀬船が出入りして繁盛した
2
  木原の道標 きはら (稲敷)美浦村 (新宿) 石道標(花崗岩) 高95㎝,幅28㎝,
厚25㎝
宝永4(1707)   美浦村石造資料集p10 原位置? (正面)「(梵字)、右 阿んば/左 阿んぢう、道」 1
  信太の如意輪観音像道標 しだ (稲敷)美浦村 共同墓地 石道標(隅丸型、砂岩) 高75㎝(うち、台石12㎝),幅26㎝,
厚17㎝
享保13(1728)   美浦村石造資料集p127 移設 (右面)「木原」、(左面)「さくみち」/正面に如意輪観音の半跏坐像を浮彫 3
  大谷の六地蔵道標 おおや (稲敷)美浦村 (羽黒台) 石道標(安山岩) 高118㎝,幅40㎝,厚25㎝ 享保17(1732)   美浦村石造資料集p115 原位置? (正面像下)「西此方、徒ちうら/つく者”」(=土浦,筑波)、(右面像下)「南此方、ゑとさき/あ者”、道」、(左面像下)「北此方、地蔵札所道」/正面上部に地蔵立像(蓮台)4体、右面・左面上部に地蔵立像(蓮台)各1体を浮彫 1
  受領の聖観音像(?)道標 うけりょう (稲敷)美浦村 (屋敷平)村立中学校内 石道標(蒲鉾型?、安山岩) 高100㎝,幅45㎝,厚27㎝ 寛延元(1748)   美浦村石造資料集p57 移設 (右面像下)「東、江戸さき/阿んば」、(左面像下)「西、つちうら/さきみち」/正面・右面・左面中央に聖観音(?)立像(蓮台)の陽刻 2
  布佐の如意輪観音像道標 ふさ (稲敷)美浦村 (鍛治内) 石道標(蒲鉾型、砂岩) 高92㎝,幅25㎝,
厚14㎝
享和2(1802)   美浦村石造資料集p193 原位置? (正面像下右)「右 ふさ きわら」、(同左下)「左 いしか王 ふなこ」/正面中央に如意輪観音の小さな半跏坐像(蓮台)を浮彫 1
  興津の如意輪観音像道標 おきつ (稲敷)美浦村 (池ノ台) 石道標(隅丸型、安山岩) 高80㎝,幅35㎝,
厚18㎝
文政10(1827)   美浦村石造資料集p162 移設 (正面像右上)「ゑどさき」、(同左上)「うしく」、(右面)「つちうら/つく者”、道」、(左面)「さぬき/やたべ、道」/正面に如意輪観音の半跏坐像を陽刻 2
  信太の道標 しだ (稲敷)美浦村 (水神) 石道標(安山岩) 高85㎝,幅43㎝,
厚28㎝
江戸期?   美浦村石造資料集p133 原位置? (正面)「きたハ 土浦道」、(右面)「サクミち」、(左面)「ふっと あハミち」/「ミち」の標記は江戸期の可能性 1
写真 利根町の鎌倉街道下道・跡 とね (北相馬)利根町 <鎌倉街道下道
(推定ルート)>
道路 長約700m 鎌倉時代?   WEB(鎌倉街道上道) 古道の雰囲気が良好に残る 千葉県以北に残る鎌倉街道下道の遺構(推定)は他に例がない 2
      (久慈)大子町                    
      (猿島)五霞町                    
      (猿島)境町                    
  真崎浦船着場・跡 まさきうら (那珂)東海村 <真崎浦> 船着場 舟溜り:径約45m×40m弱 安政3(1856)以降   村教委 干拓終了におり不要になったため現存せず→場所が特定されている程度 西野長次郎による最初の真崎浦干拓の際、干拓指揮者宅から干拓現場への移動の際に使用したもの 5
  奥谷の地蔵道標 おくのや (東茨城)茨城町 御霊神社 石道標(舟型、
溶結凝灰岩)
高64㎝,幅33㎝,
厚20㎝
宝永3(1706)   茨城町の石仏・石塔p176,177 移設 (光背右端)「是より右ハ 宍戸海道」、(同左端)「是より左ハ □□海道」/光背中央に地蔵立像の浮彫 2
  下石崎の地蔵道標 しもいしざき (東茨城)茨城町 神塚神社・入口付近 石道標(丸彫、
砂岩)
高150㎝,幅60㎝,厚30㎝ 元文3(1738) 町有形
(彫刻)
茨城町の石仏・石塔p416,417 移設、簡易祠内 (台石正面右端)「右ハ 松川道」、(同左端)「左ハ 磯濱道」/台石上に地蔵立像(錫杖、蓮台、敷茄子)の丸彫を載せる 2
  城之内の道標1 じょうのうち (東茨城)茨城町 (八丁〆) 石道標(駒型、
砂岩)
高97㎝,幅26㎝,
厚21㎝
宝暦4(1754)   茨城町の石仏・石塔p346,347 原位置?/正面頂部一部剥落 (正面右)「右ハ よしかけ たまつくり」、(同左)「左ハ ほこた かしま海道」/久兵衛と市衛門による建立 1
  城之内の道標2 じょうのうち (東茨城)茨城町 (八丁〆ツヅキ) 石道標(駒型、
砂岩)
高80㎝,幅26㎝,
厚20㎝
宝暦4(1754)   茨城町の石仏・石塔p346,347 原位置? /正面頂部一部剥落 (正面右)「右ハ よしかけ お川みち」、(同左)「左ハ 下よしかけ とみた道」/久兵衛と市衛門による建立 1
  奥谷の供養塔道標 おくのや (東茨城)茨城町 (西タリ) 石道標(自然石、粘板岩) 高176㎝,幅55㎝,厚13㎝ 天明元(1781)   茨城町の石仏・石塔p180,181 移設 (正面右下)「右 水戸/左 いはま、道」/正面中央に「(梵字)光明真言一百十万返供養塔」と陰刻 2
  南川又の題目塔道標 みなみかわまた (東茨城)茨城町 (稲荷)<水戸道> 石道標(自然石、粘板岩) 高100㎝,幅68㎝,厚27㎝ 天明8(1788)   茨城町の石仏・石塔p132,133 原位置 (正面右下)「東、小つる/大戸」、(同左下)「北、こいふち/下志ん田」、(左面下部)「西、柏井/完戸、道」/正面中央に「(梵字)二十三夜塔」と陰刻 1
  下雨ヶ谷の馬頭観音道標 しもあまがい (東茨城)茨城町 (荒谷) 石道標(隅丸型、溶結凝灰岩) 高52㎝,幅26㎝,
厚15㎝
寛政4(1792)   茨城町の石仏・石塔p244,245 移設、集約 (右面)「東 鳥羽田 ゑひ沢/南 セ楽 ほこた」、(左面)「北 げざ をばた/西 さいごふち 泉」/正面中央に「馬頭施無」と陰刻(緑字は異体字) 2
  生井沢の題目塔道標 なまいざわ (東茨城)茨城町 (岸高山)共同墓地・入口 石道標(自然石、粘板岩) 高70㎝,幅47㎝,
厚6㎝
寛政7(1795)   茨城町の石仏・石塔p252,253 移設 (正面右下)「右 ゑひ沢」、(同左下)「左 水戸」/正面中央に「(梵字)二十三夜塔」と陰刻 2 -
  上石崎の庚申塔道標 かみいしざき (東茨城)茨城町 (原) 石道標(尖頭角柱、橄欖岩) 高64㎝,幅22㎝,
厚12㎝
寛政8(1796)   茨城町の石仏・石塔p396,397 移設、集約、放置 (右面左)「右 下町ミち」、(左面右)「左 上町ミち」/正面に「庚申」と陰刻(緑字は異体字) 3 -
  秋葉の題目塔道標 あきば (東茨城)茨城町 (学校東)公民館・入口 石道標(自然石、粘板岩) 高105㎝,幅100㎝,厚18㎝ 寛政10(1798)   茨城町の石仏・石塔p284,285 移設 (正面右下)「右 ふちう/左 小川」/正面中央に「(梵字)二十三夜塔」と陰刻 2
  小幡の供養塔道標 おばた (東茨城)茨城町 (矢連) 石道標(自然石、粘板岩) 高72㎝,幅50㎝,
厚8㎝
寛政10(1798)   茨城町の石仏・石塔p204,205 移設?/下部埋設 (正面最下部)「(右、こ…/いなた)(中 みと道)(左、下…/…)」/正面中央に「(梵字)二十三夜供養塔」と陰刻 2 -
  上石崎の供養塔道標 かみいしざき (東茨城)茨城町 (原) 石道標(隅丸型、橄欖岩) 高58㎝,幅21㎝,
厚11㎝
寛政10(1798)   茨城町の石仏・石塔p392,393 移設、集約、放置 (正面右下)「北 下町道」、(同左下)「東 いそ乃はま」/正面中央に「廿三夜供羪塔」と陰刻(異体字) 3 -
  城之内の題目塔道標 じょうのうち (東茨城)茨城町 (物見塚) 石道標(自然石、粘板岩) 高110㎝,幅67㎝,厚17㎝ 寛政12(1800)   茨城町の石仏・石塔p342,343 原位置? (正面右下)「右 えび沢」、(同左下)「左 とりはた」/正面中央に「(梵字)二十三夜講」と陰刻 1
  大戸の題目塔道標 おおど (東茨城)茨城町 (仲内) 石道標(花崗岩) 高120㎝,幅74㎝,厚14㎝ 文化7(1810)   茨城町の石仏・石塔p36,37 原位置?/頂部欠損→初期形状不明 (正面右端)「右 なかをか いそ道」/正面中央に「二十三夜塔」と陰刻 2
  大戸の供養塔道標1 おおど (東茨城)茨城町 (上ノ浦)共同墓地・入口 石道標(自然石、菫青石) 高132㎝,幅66㎝,厚29㎝ 文化8(1811)   茨城町の石仏・石塔p38,39 移設 (正面右下)「右、完戸/あたこ」、(同左下)「左、大畑中/小つる」/正面中央に「(光明真言の円形梵字)光明真言供養塔」と陰刻 2
  下土師の如意輪観音像道標 しもはじ (東茨城)茨城町 慈雲寺 石道標(隅丸型、凝灰岩) 高68㎝,幅30㎝,
厚13㎝
文政3(1820)   茨城町の石仏・石塔p166,167 移設 (台石右面)「ごりミ祢/かたくら、道」/正面に如意輪観音の半跏坐像を陽刻 2
  上飯沼の如意輪観音像道標 かみいいぬま (東茨城)茨城町 福性寺 石道標(舟型、
花崗岩)
高61㎝,幅26㎝,
厚28㎝
文政4(1821)   茨城町の石仏・石塔p150,151 移設 (光背右端)「右、下はし/おくの谷」、(同左端)「左 のそ 中つま」/正面に如意輪観音の半跏坐像を陽刻 2
  前田の供養塔道標 まえだ (東茨城)茨城町 (荒地) 石道標(隅丸型、橄欖岩) 高67㎝,幅22㎝,
厚13㎝
文政8(1825)   茨城町の石仏・石塔p62,63 移設? (正面右下)「右、ひらす/みと」、(同左下)「左、大戸/かさま」/正面中央に「(梵字)二十三夜供養塔」と陰刻 2 -
  若宮の供養塔道標 わかみや (東茨城)茨城町 (相野) 石道標(駒型、
橄欖岩)
高59㎝,幅20㎝,
厚13㎝
文政10(1827)   茨城町の石仏・石塔p432,433 移設 (右面)「右 舛原 中石」、(左面)「左 下石 まつ川」/正面に「西國三十三所供羪塔」と陰刻 2 -
  中石崎の供養塔道標 なかいしざき (東茨城)茨城町 (番城地) 石道標(尖頭角柱、橄欖岩) 高78㎝,幅28㎝,
厚27㎝
天保11(1840)   茨城町の石仏・石塔p408,409 移設 (正面右)「右 いそはま みなと」、(同左)「左 わかミや 水戸」/正面中央に「廿三夜供養塔」と陰刻 2
  大戸の供養塔道標2 おおど (東茨城)茨城町 (門口) 石道標(自然石、花崗岩) 高83㎝,幅58㎝,
厚20㎝
天保12(1841)   茨城町の石仏・石塔p36,37 移設? (正面右下)「右 下町」、(同左下)「左 上町」/正面中央に「(梵字)二十三夜供養塔」と陰刻 2
  鳥羽田の題目塔道標 とりはた (東茨城)茨城町 (発田)Y字路 石道標(駒型、
溶結凝灰岩)
高81㎝,幅34㎝,
厚24㎝
嘉永元(1848)   茨城町の石仏・石塔p266,267 原位置? (正面右下)「右、ゑひさハ/いそ」、(同左下)「左、いしさき/水戸」/正面中央に「(梵字)二十三夜塔」と陰刻 1
  秋葉の馬頭観音道標 あきば (東茨城)茨城町 二所神社・入口付近 石道標(隅丸型、橄欖岩) 高62㎝,幅23㎝,
厚13㎝
嘉永2(1849)   茨城町の石仏・石塔p286,287 移設? (正面最下部右)「右 こまば」、(同最下部左)「左 みと」/正面中央に「馬頭觀世音」と陰刻 2 -
  駒渡の庚申塔道標 こまわたり (東茨城)茨城町 (本郷) 石道標(粘板岩) 高110㎝,幅41㎝,厚12㎝ 嘉永4(1851)   茨城町の石仏・石塔p120,121 移設 (正面最下部)「右 大戸/左 のそ」/正面中央に「庚申塔」と陰刻 2
  小幡の馬頭観音道標 おばた (東茨城)茨城町 (北山)十字路 石道標(舟型、
橄欖岩)
高69㎝,幅26㎝,
厚12㎝
嘉永5(1852)   茨城町の石仏・石塔p210,211 原位置? (正面最下部右)「(東、こまば/石さき)(南、小ばた/ふちう)」、(同最下部左)「(西、つみ/志ゝと)(北、をくのや/みと)」/正面中央に「馬頭観世音菩薩」と陰刻 1 -
  前田の庚申塔道標 まえだ (東茨城)茨城町 鹿嶋神社・参道 石道標(駒型、
橄欖岩)
高72㎝,幅24㎝,
厚14㎝
嘉永5(1852)   茨城町の石仏・石塔p64,65 移設 (正面右下)「右 小川 ふちう」、(同左下)「左 上町」/正面中央に「庚申供養塔」と陰刻 2 -
  上飯沼の供養塔道標 かみいいぬま (東茨城)茨城町 福性寺 石道標(橄欖岩) 高99㎝,幅20㎝,
厚16㎝
嘉永6(1853)   茨城町の石仏・石塔p156,157 移設 (右面)「右、おくのや/ゑびさわ」、(左面)「左、のそ/こいぶち」/正面中央に「二十三夜供養塔」と陰刻 2
  小幡の題目塔道標 おばた (東茨城)茨城町 (三ッ池下) 石道標(駒型、
橄欖岩)
高70㎝,幅23㎝,
厚13㎝
嘉永7(1854)   茨城町の石仏・石塔p204,205 移設? (正面最下部)「(右、いいぬま/こいぶち)(左、まつのうち/つくば)、道」/正面中央に「(梵字)二十三夜塔」と陰刻 2 -
  下座の題目塔道標 げざ (東茨城)茨城町 阿弥陀堂 石道標(駒型、
凝灰岩)
高64㎝,幅25㎝,
厚17㎝
安政6(1859)   茨城町の石仏・石塔p224,225 移設、集約 (正面右端)「右 ふちう つち浦」、(右面)「左、いそ/みなと、みち」/正面中央に「(梵字)二十三夜塔」と陰刻 2 -
写真 鳥羽田の勘十郎堀
(紅葉運河)・跡
とりはた、かんじゅうろう (東茨城)茨城町・
鉾田市
茨城町海老沢
~鉾田町紅葉
運河 長約7㎞ 宝永6(1709)中断 町史跡 町教委 放置状態 水戸藩3代藩主・徳川綱条は、宝永3(1706)、美濃国出身の松波勘十郎を二百人扶持の御客分として登用し藩の財政再建を任せ、かつ、寛文7(1667)以来、数回にわたり計画・中断していた運河建設を再開させる→財政再建は、高岡藩・大多喜藩・郡山藩・三次藩などで成功した方法を応用し、人員削減、冗費節減、年貢増、御用金賦課などを実施→運河は、水戸藩をはじめ東北諸藩の年貢米や物資を、那珂川・北浦などを経て江戸へ運ぶ内陸水路を造ることで藩の財政立て直しを目指したものだったが、土質がもろく工事が難航した上、2年で延べ130万人動員した百姓を酷使したため大規模な農民一揆を引き起こし、工事は中断、勘十郎は解任・投獄され獄死した 4
  勘十堀(大貫運河)・跡 かんじゅうろう (東茨城)大洗町 大洗町大貫~涸沼川 運河 長約1㎞ 宝永6(1709)中断   WEB 涸沼川に接するわずかな部分のみ残存 松浪勘十郎による藩政改革の一環(通船税で藩の財政を建て直そうとした)/約2年で延べ130万人+酷使された反対農民の大一揆→失敗→投獄→獄死 4
  磯浜海防陣屋・跡 いそはま (東茨城)大洗町   海防陣屋(土塁)   天保13(1842)   町教委 基礎遺構が残る 徳川斉昭により、異国船を監視するために造られた/元治甲子の戦い
(1864年)で激戦地となった
3
  祝町向州台場・跡 いわいまちむこうず (東茨城)大洗町 <水戸藩> 土塁 変形六角形,南北200m,東西110m 元治元(1864)以前   町教委/台場事典p151 松林になっているが、一部の欠損を除き形態は保存 築造計画は天保11年からあったが、国際関係の安定により見送り/築造はイギリスとの関係悪化により文久3年~元治元年頃 3
  赤沢江・跡 あかさわ (東茨城)城里町 那珂川 素掘トンネル
(水路)
  明暦2(1656) 町史跡 WEB 廃墟化/接近困難 「小場江」の最初の取水堰からの水路(常陸大宮市の小場江参照)→万治元(1658)に取水口を小場堰に移し、現在の名称となった/御前山(俗、まきめ附近)の崖下の岩にトンネルを掘り、飯富の台下に接続していた 3
  尾崎前山遺跡製鉄炉・跡 おさきまえやま (結城)八千代町   製鉄炉(3基)   8世紀 町史跡 市教委/ひたちなか市埋蔵文化財調査センター 最初は9世紀と推定され竪型の製鉄炉が復元されたが、最近は8世紀に遡るとされ、箱型炉であった可能性が大 製鉄炉、木炭・粘土等の材料置場、作業場、鍛冶工房、竪穴住居の遺構 4